【高橋みなみ】矯正支援官として自身の“若者考”語る?!

【高橋みなみ】矯正支援官として自身の“若者考”語る?!

高橋みなみ(AKB48)が、10月3日に東京・東京拘置所にて行われたイベント「第4回東京拘置所矯正展~『まち』とともに~」に登場。また同日に東京・法務省にて行われたイベント「法教育 in 赤れんが」内でのトークショーにも出席した。

音楽ナタリーの記事から引用

高橋みなみ(AKB48)が、10月3日に東京・東京拘置所にて行われたイベント「第4回東京拘置所矯正展~『まち』とともに~」に登場。また同日に東京・法務省にて行われたイベント「法教育 in 赤れんが」内でのトークショーにも出席した。

「第4回東京拘置所矯正展~『まち』とともに~」でのテープカットの様子。

「第4回東京拘置所矯正展~『まち』とともに~」でのテープカットの様子。

今年の4月に法務省より「法務省矯正支援官」に任命された高橋。この日のイベントに登場した彼女は、東京拘置所の所長、足立区や葛飾区の区長らとともにテープカットを実施し、来場者に「1人でも多くの皆さんに矯正に関する関心を持っていただければうれしいです」とメッセージを送った。

10月3日に東京・法務省にて行われたトークショーの様子。

10月3日に東京・法務省にて行われたトークショーの様子。

またこの日の午後から法務省で行われたトークショーで高橋は、「いまどきの若者考」というテーマのもと法務省大臣官房秘書課の広報室長や法務省矯正局少年矯正課の補佐官、北海道・帯広少年院の教官と意見を交換した。彼女はトークの中で「自分の意見を言えない子や、意見を伝えるのが苦手な子が多いですね。きちんと自分の考えはあるけれど、言葉にするのが苦手な子が多いと感じています」と、自身の“若者考”を披露。また「全体に対して注意をするときは厳しく言うようにしていますが、個人に言うときは相手の子の状況を見つつ、その子の目線に立ってアドバイスすることを心がけています」と、メンバーとのコミュニケーションで心がけていることを明かした。トークショーの最後に高橋は「これからも沢山学ばせていただいて、支援官の名に恥じないよう、がんばっていきたいです」と、法務省矯正支援官としての今後の抱負を語った。

[ad]

AKB48 公式写真 高橋みなみ じゃんけん大会2015 会場 3種コンプ

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

高橋みなみは今やAKB48には無くてはならない存在になりました。それは若いメンバーを育てるという使命があるからです。

彼女はその点では天性の才能があると思います。この記事にもあるように、厳しく躾ける場合と、優しく躾ける場合とを心得ています。

広告

私がサラリーマンをしていた頃には、毎年グループに新人が入ってきます。早く戦力にしなければ、今の世の中、オジさんには手に負えない課題が山積みです。

新人は最初は小さな失敗にメゲてブルーになります。そんな時は私は部長のところに連れていって、部長と小芝居を打っていました。

というのは、私が部に配属された時の失敗談を部長からしてもらい、こいつに比べたらおまえがやった事は小さい小さいと言ってもらう。

私がおかした失敗というのは、開発途中の100万円以上もかけた試作機のソフトの設計を間違えて暴走させてバラバラに壊してしまったのですが、それでスケジュールが1ヶ月以上延びてしまい、部長は他の部長の前で頭を下げて謝りました。

その後も私はその部長に謝るどころか「お客さんのところで暴走しなくて良かった」などと言っていたのですが、なぜかその部長に気に入られてしまいました。

その話を聞かせた上で「1億円までならぶっ壊してもいいから、画期的なものを作れ」と新人に言いました。

それを聞いた新人は元気が出たみたいで、後に一人で画期的なソフトを作ってしまいました。若者のパワーは恐ろしくなるくらい凄いものです。

世の中には教育係が必要で、それは誰でもいいかと言うとそうではなく、向き不向きがあります。それはおそらく厳しく躾けても相手が喜ぶような人徳みたいなものが備わっている必要があります。

上に立つものが頭を下げてこそ意味があります。

【AOA】新曲「Oh BOY」ダンスver.MVの先行公開がスタート?!

ではでは、きらやん

[ad]

(Visited 9 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)