【Anly】新曲のティザー映像公開&リリース記念ライブ開催決定?!

【Anly】新曲のティザー映像公開&リリース記念ライブ開催決定?!

沖縄出身、19歳のシンガーソングライターAnlyが、カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『僕のヤバイ妻』に書き下ろした新曲「EMERGENCY」のティザー映像が公開されましたので紹介します。

スポンサードリンク

ビルボードジャパンの記事から引用

 沖縄出身、19歳のシンガーソングライターAnlyが、カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『僕のヤバイ妻』に書き下ろした新曲「EMERGENCY」のティザー映像が公開された。

4月19日からスタートする火曜10時連続ドラマ『僕のヤバイ妻』(初回は21時から2時間スペシャル)は、夫婦関係を題材にした大人の男と女 の心理サスペンスが展開されるストーリー。Anlyがドラマの台本を読み、先がどうなるのか読めない怖さや、ハラハラ感を落とし込んで制作したこの曲は、 ミュージシャンに根岸孝旨、藤井謙二(The Birthday)らを起用し、彼女のルーツであるビンテージ・ロックを標榜したサウンドとなっている。この度ドラマの初回放送に先駆け、いち早く新曲が 聞ける映像が公開された。更に、リリースを記念してライブが開催されることも決定し、詳細は後日オフィシャルホームページで発表されるとのこと。

◎Anly コメント
台 本を読ませて頂いて、まだ19歳の私には経験のない“夫婦関係のストーリー”が題材でしたが、“ただ愛して欲しい”という気持ちがひしひしと伝わる作品 で、Aメロでは“もううんざり、また言い訳?”といいつつも、サビでは愛が壊れかけている非常事態でも“まだ終わりじゃない”と信じている女性の心の葛藤 を表現してみました。曲調やメロディは感情の起伏を感じられるハードロックになっています。間奏のギターソロを自由に弾いてもらったり、ヴォーカルも力強 さを意識して歌っています。私が幼い頃によく聞いていた60年代、70年代のロックの影響がとても前面に出てきた楽曲になりました。

◎リリース情報
『EMERGENCY』
2016/6/15 RELEASE
初回生産限定盤(CD+DVD)紙ジャケット仕様
SRCL-9087~9088/¥1,389(tax out)
通常盤(CDのみ)
SRCL-9089/¥1,111(tax out)
カンテレ・フジテレビ系火曜10時連続ドラマ『僕のヤバイ妻』オープニングテーマ
https://youtu.be/ibG-KRqzqH4

◎ライブ情報
【リリース記念ライブ Anly『EMERGENCY』Release Live~SHIBUYA eggman~】
2016年6月28日(火)SHIBUYA eggman 18:00/19:00
※詳細は後日、オフィシャルHPで発表されます。

◎番組内容
『僕のヤバイ妻』
4月19日(火)スタート
毎週火曜22:00~22:54
※初回2時間スペシャル 21:00~22:48

笑顔/いいの(初回生産限定盤)(DVD付) Single, CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

スポンサードリンク

Anlyのメジャーデビューは、2015年11月なので、最近です。デビュー曲は以下です。
Anly 『太陽に笑え』Music Video

60年代のロックだとビートルズでしたが、70年代は主にカーペンターズを聴いていました。なので、少し違う曲調でしたが、当時カーペンターズを聴いていた友人は居なかったので、友人と話を合わせるためにシカゴも聴いていました。
Chicago – (1973) “Saturday in the Park” & “Does Anybody Really Know What Time It Is?”

シカゴもジャズ寄りというか、フュージョンかな?純粋なロックでは無かったような気がしてはいましたが、カーペンターズよりは聴いている友人が多かったのと、チックコリアも聴いていたので、80年代のドゥビーブラザーズに繋がりました。

70年代にはポップスがまだ確立していなかった時代なので、一口にロックと言っても、カーペンターズもロックに分類されていて、ゴチャゴチャした混沌とした時代でしたね。面白い時期ではあったと思います。

Anlyの曲はロック調ですが、やはりJ-POPだと思います。最近こういう感じの曲調の音楽が増えてきたように感じますが、若い人はそういうのに敏感に反応するのかもしれませんね。

頑張れ!

【Leola】シングル『Rainbow』でメジャーデビュー?!

ではでは、きらやん

(Visited 28 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)