【青野紗穂】私の進み方は数学の問題を解いてる感じ?!

【青野紗穂】私の進み方は数学の問題を解いてる感じ?!

青野紗穂がavex GIRL’S VOCAL AUDITIONのインタビューに答えています。その中で私が興味深かった部分を抜粋して紹介します。それは私は技術者であり「数学」というキーワードに反応したからです。

スポンサードリンク

音楽ナタリーの記事から抜粋して引用

私の進み方は数学の問題を解いてる感じ

──青野さんの理想のシンガーは誰なんですか?

「この人!」みたいな特定の人はいなくて。ホイットニーさんみたいに堂々としたディーヴァ感があるアーティスト、プラス、ビヨンセさんとかティナーシェさんみたいにパフォーマンスがキレキレにできる人になりたいんです。

──日本人だと?

日本だとあまりいないです。歌そっちのけで踊ってるみたいな(笑)、そういう人ってあまりいらっしゃらないから。バーンと歌って、思いっきり踊ってっていう。でも、歌となると福原美穂さんが理想です。歌ってる姿もそうだし、声もすごく好き。

──今回の「INTRODUCTION」では、「FANCY」という曲を提供してもらいましたね。

青野紗穂

そうなんです! もうすっごくうれしくて。レコーディングのときに横で歌ってくれたんですけど、もうヤバくて。スゴすぎて、教えてくれてるのを忘れて「はあー」って聴き惚れてましたもん(笑)。傍観者になってた。

──Apollo Theaterもそうだし、福原さんもそうだけど、憧れだったところに少しずつ触れていくと、夢に近付いてるなと実感しませんか?

全部すごいとは思うんですけど、「ヤバイ、近付いてるぞ」っていう気分ではあんまりなくて。普段の自分な感じなんですよね、ずーっと。私の進み方は、なんか、数学の問題を解いてる感じがするんです。

──数学の問題?

数学には公式を何個か組み合わせることによって解ける問題がありますよね。芸能界には1個の方程式でシンプルにバンと行ける人もいますけど、私はいろいろ公式を組み合わせていって、ここまで来てる感じがあるから。ステップが1つ上がるごとに、大問1の(1)が解けました、みたいな。

スポンサードリンク

──なるほど。いろんな公式を使って解をいくつも出していって、最後、1つの公式にハメると大問の解がドーンと導き出されるっていう。

そうです、そうです。やっとだ!みたいな。まだ解いてる途中な感じですね。ペーパーテストの半分もまだいってない感じだと思ってるんです。

この人は最初はバックダンサーになろうとしてダンスの練習をしていたようです。だからかなり踊れるはずですが敢えてまだ踊りながら歌っていないですね。その意味がわかった気がします。
[ad]

福原美穂

北海道出身のバケモノシンガーです。日本の女性ボーカリストの常識を変えました。

アメリカの教会でゴスペルを歌って絶賛されたことがあります。日本よりアメリカに似合う歌手ですね。青野紗穂が目標とするのも理解できます。

青野紗穂 FANCY(2015 7 8配信EP「INTRODUCTION」収録)

福原美穂とokaerioの共同プロデュース作品です。青野紗穂はまだデビューしたばかりなのでどの曲も同じ曲調に聴こえますね。たしかにペーパーテストを半分解いた状態なのかもしれません。全部が解けたら化けそうです。

少女時代やKARAを見慣れると日本人の女性アーティストの容姿がイマイチに見えてきますが、青野紗穂は綺麗ですね。美少女が大人の洗練された美女に変身する過程といったところでしょうか?

青野紗穂デジタルミュージック

Amazon:
INTRODUCTION
スクリーンショット 2015-08-07 10.42.17全曲視聴してMP3でダウンロードできます。

まとめ

少女時代でもテティソ(TTS)はR&Bで成功しています。韓国語で歌っているにもかかわらずアメリカでヒットしているのが不思議ですが、青野紗穂も日本語で歌ってアメリカでヒットさせることも可能かと思われます。

ここのところ日本より海外で先に人気が出るアーティストが現れているのは、やはりYoutubeなどの動画サイトの影響が大きいと思います。さらにアップルが音楽ストリーミングサービスに参入したことで、その傾向は加速されそうです。

世界を相手に拡がりを見せる日本の音楽が日本と世界を繋ぎ、世界を平和にすることに貢献して欲しいです。

【青野紗穂】音楽ストリーミングサービスでデビュー?!

ではでは、きらやん

[ad]

(Visited 51 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)