【A Pink】A Kb48の最大最強のライバルかも!?

【A Pink】A Kb48の最大最強のライバルかも!?

新しいK-POP女性ユニットが注目を集めています。A Pinkです。K-POP女性ユニットと言うと、KARAや少女時代を思い浮かべますが、同様のコンセプトのガールズユニットなのでしょうか?私の感覚では、K-POP女性ユニットはなぜか同性からの人気が高いように思えてなりません。嵐のライブ会場のように女性の黄色い歓声が聞こえてきます。A Pinkの秘密に迫ります。

スポンサードリンク

アイドルとアーティストの線引き

この2つの言葉は排他的ではなく共存する言葉だと思います。つまりアイドルでかつアーティストのユニットは存在します。例えば、Perfumeは当初はアイドルとしてスタートして、ブレーク後あたりからアーティストと呼ばれるようになりました。おそらく表現する対象が異なるからだと思います。

Perfumeの音楽プロデューサーの中田ヤスタカは、最初にPerfumeの楽曲を作るにあたって「アイドルには興味は無い。しかしどうせ作るのならこの機会に新しい形のアイドルの音楽を作る」と語っています。そういう意味ではPerfumeは新しい形のアイドルなのかもしれません。
[ad]

A Pinkの動画

とにかくA Pinkの映像を観てみましょう。

わざとPV(プロモーションビデオ)ではなく、観客の歓声が聴こえるライブ動画を選びました。つまり、若い女性の黄色い歓声が聴こえます。人数比では男性の方が多いとは思いますが、それにしても当初から同性の人気が高いのには何か訳があると思います。

1つは若い女性にキャッチーな歌詞とメロディーとダンスの組み合わせだと推測します。2つ目はファッションじゃないかなと。女子学生が普通に着ているような感じの衣装ですよね? 3つ目はルックスと声かも。特別に美人ではないけれど可愛い女性が揃っているように思います。あとは20歳そこそこの平均年齢。

それと全員がボーカル。全員が主役になれるというのは女子にとってはキャッチーなのかも。

KARAと少女時代

言わずと知れたK-POP女子ユニットの代表格ですが、この2つは微妙にカラーが異なります。別にKARAとカラーを掛けたダジャレのつもりはありませんよ。どちらも東京ドームでの公演を経験済みの強者ですが、KARAの方が年齢的には上になります。

スポンサードリンク

先ずこちらはKARAの東京ドームです。

明らかにアーティストだと思います。カッコイイ。ステージの演出も完璧ですね。

こちらは少女時代の東京ドームです。

美人でスタイル抜群で歌が上手い女性をよくここまで集めたなあと言いたくなるようなビジュアル系ユニットですね。A Pinkのような親近感は無いですが、東京ドームのような異次元空間にはマッチしていて、アーティストと言えるし、アイドルの要素も持ち合わせたエンターテインメントユニットと言えます。全然キャラが違うのになぜかももクロとイメージが被るところがあります。

まとめ

KARAと少女時代とA Pinkは微妙にターゲットを分けているように感じました。戦略的なのかもしれません。A Pinkはアイドルかアーティストかと言われるとアイドルだと思います。KARAと少女時代はカッコイイですが、A Pinkはカワイイです。そうすると、ももクロやAKB48のライバルになりますが、どちらかというとAKB48寄りな気がします。

AKB48よりさらに同性からの人気が高いような気がします。これはアイドルとしては大きなアドバンテージだと思います。今のPerfumeは同性からの支持が高いですが、少なくともステージ上ではアイドルではないので、A Pinkの方がより親近感がありますね。これからの日本のアイドルのライバルはA Pinkかもしれません。

ちなみに、PV(プロモーションビデオ)の再生回数トップ5を見てみました。
1. Mr.Chu    1930万回
2. LUV    1850万回
3. NoNoNo  1360万回
4. Hush     1280万回
5. MY MY MY  960万回
2011年デビューですからそんなに曲を出しているわけではないのに主要な曲のPVの再生回数が1000万回を超えています。日本武道館を飛ばして一気に東京ドームを狙える位置にいますね。

「ライバルは仲間ではなく外に居るよ(笑)」と呟いてみる・・・

天性のアイドル性を持ったももクロのリーダー百田夏菜子が、同じ高校で同級生だった松岡茉優と家入レオと楽しいトークを繰り広げている動画はこちらから観れます↓↓↓

【家入レオ】百田夏菜子&松岡茉優との同級生トーク!?

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 34 times, 2 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)