【オーディション】ネクスト“テイラー・スウィフト”12歳少女に会場が涙?!

【オーディション】ネクスト“テイラー・スウィフト”12歳少女に会場が涙?!

米人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』の6月7日のオーディションにて、Grace VanderWaalという12歳の少女が自身のことを歌った胸に染みる自作曲を披露。手厳しい評価で知られるサイモン・コーウェルが「君はネクスト“テイラー・スウィフト”だと思う」と大胆な予測をする、ウクレレを持った12歳の少女に全米が興奮している。

スポンサードリンク

ビルボードジャパンの記事から引用

手厳しい評価で知られるサイモン・コーウェルが「君はネクスト“テイラー・スウィフト”だと思う」と大胆な予測をする、ウクレレを持った12歳の少女に全米が興奮している。
テイラースイフトTaylor Swift

米人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』の6月7日のオーディションにて、Grace VanderWaalという少女が自身のことを歌った胸に染みる自作曲を披露。すると審査員たちを唸らせ、サイモンに上述の言葉を言わしめたのだ。彼女はそのまま準決勝へ進むことができる切符を手に入れた。

Graceはウクレレを手に、“私は自分の名前を知らない。ゲームのルールがあるから遊ばない。私は迷い、海の中で見つけてもらおうとする……”などと歌う。

ニューヨーク州サファーン在住の少女は、シャイな笑顔と共に審査員たちを驚かせたまま歌い続け、テンションアップした“今は自分の名前を知っている”との歌詞を歌い上げる部分でハイライトを迎えた。

審査員の一人、ハウィー・マンデルは彼女を“生き生きとして、美しく、まさに奇跡”と褒めたたえると、ゴールデン・ブザー(審査員が1人でも押せば準決勝行きが確定するボタン)を押して準決勝ライブへと送り出した。

弱冠12歳のGrace VanderWaalがウクレレで弾き語りするオリジナル曲に、審査員があ然とし会場が感激の涙を流す様子は、現在YouTube上で視聴できる。

 

スポンサードリンク

◎Grace VanderWaal: 12-Year-Old Ukulele Player Gets Golden Buzzer – America’s Got Talent 2016
https://www.youtube.com/watch?v=eNxO9MpQ2vA

1989~デラックス・エディション(DVD付) CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

最近は日本ではオーディション番組や公開オーディションというのはあまり聞かなくなりましたが、アメリカやイギリスでは行われているようです。今回はアメリカの12歳の少女ですが、同時にイギリスでも12歳の少女が感動を巻き起こしています。
Beau Dermott is Amanda Holden’s golden girl | Week 1 Auditions | Britain’s Got Talent 2016

二人のカラーはまったく違いますが、聴衆や審査員がスタンディングオベーションをしている、中には涙を浮かべている、という点で共通しています。

アマチュアですからプロから見れば足らない部分は多くあるとは思いますが、音楽の原点はハートです。12歳の少女にも聴衆を感動させるハートが備わっているというのは凄いと思います。技術も大事ですが、原点にあるハートを磨き、音楽だけでなく生き方そのもので正直に表現することが大切なのではないでしょうか?

テイラースイフトのライブ映像です。
Taylor performs “Blank Space” at The GRAMMY Museum

MCは上手いし、ギター1本の弾き語りでも凄いと感じさせます。ルックスはスーパーモデル並み。しかし、やはり原点はハートだと思います。思ったことを正直に語り、行動に移すところはさすがトップアーティストです。

【勇敢な兄弟】K-POPガールズグループの公開オーディションとは?!

ではでは、きらやん

(Visited 53 times, 2 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)