【℃-ute】Charisma.com、Do As Infinity:OLの歌

【℃-ute】Charisma.com、Do As Infinity:OLの歌

OLを題材にした曲は過去にもありましたが、ここに来て℃-uteの「The Middle Management 〜女性中間管理職〜」や、現役OL2人によるユニットCharisma.comの「お局ロック」とクオリティーの高いOL系PVが立て続けにリリースされ、ひとつのジャンルを形成しつつあります。今回はOL系の曲にスポットを当ててみます。

℃-ute

今回は「The Middle Management 〜女性中間管理職〜」のPVを紹介します。これは2015年4月1日にリリースされたシングルCDに入っている最初の曲です。他に「我武者LIFE」と「次の角を曲がれ」も入っていますが、どの曲もクオリティーが高く3曲A面と言っても良いくらいにお買い得なシングルです。

オリコンランキングはデイリー1位、週間3位と出だし好調ですが、もっと売れても良いCDですね。

℃-uteは「モーニング娘。」などと同じハロープロジェクトのメンバーで、主につんく♂が総合プロデュースしていますが、今回のCDではこの曲の作詞以外は他のクリエーターに任せた形になっています。℃-uteは明らかにハロプロの他のグループとは別の進化をしており、今後は新しい形もあり得ると思います。
[ad]

Charisma.com

「お局ロック」は2015年7月8日発売予定のミニアルバム「OLest」のリード曲です。ミニアルバムと言っても8曲も入っているのでお買い得ですね。

ヒップホップですし、歌詞も少々辛口なところがあるので好みは分かれそうですが、例えばPerfumeもメジャーデビュー当初の「エレクトロ・ワールド」や「コンピューターシティー」などの曲を聴くとバッキバキのテクノにリップシンクのロボット音声、世界の崩壊を歌った歌詞と、およそ一般受けしない筈のアイドルが今や広く受け入れられる世の中です。バッキバキに進んで欲しいと思います。

Do As Infinity

2001年5月30日にリリースされたシングルCD「Week!」です。昔の曲なので武道館ライブだけでも3つくらいあります。Do As Infinityは通常はエレキギターを弾くのですが、私はこの曲に関してはアコースティックの方が好きなので、敢えてアコースティック版の武道館ライブの動画にしました。

Do As Infinityとしては9枚目のシングルで、オリコン週間8位で売上枚数は推定7万枚くらいですね。今から考えると7万枚で8位というのは信じられないですが、この1ヶ月後にリリースされた「深い森」は17万枚も売れたのに5位でした。

広告

「選んだのは私だもの」に代表される歌詞は精神的にも経済的にも自立した女性を描いているように思えますが、OL像とは少しかけ離れているように感じます。VANちゃんは自立した女性かもしれませんが、そんなに自分にも相手にも厳しい女性はそうそうはいないと思うので、この歌が若い女性から支持される意味が理解できません。実は草食系男子に向けたメッセージ?

まとめ

OLというと何か漠然としているような気がしますが、OLを職業として捉えると、例えばアーティストというのも職業を表す言葉なので、もの凄く広いですね。ではアイドルというのは職業なのでしょうか? 私の解釈では職業というより分野だと思います。

ですから職業はアーティストで、分野はアイドルという説明は成り立ちます。こうすることで具体的なイメージが湧くのではないでしょうか?
少女時代

職業はOLで、分野はアシスタントというのもOKなのではないでしょうか? そうすると、同じOLでも分野によって生き方が全然違ってくるわけで、OLの表現にリアリティーを持たせるには、この分野を意識した何かを取り入れる必要がありそうです。

クリエーターという職業で分野は音楽プロデューサーの天才菅野よう子とは?↓↓↓

【菅野よう子】映画「海街diary」の音楽プロデューサー

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 94 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)