【ゴジラ】vs ウルトラマン vs ガメラの最新動画を比較?!

【ゴジラ】vs ウルトラマン vs ガメラの最新動画を比較?!

日本版ゴジラが12年ぶりに復活し7月29日に「シン・ゴジラ」が公開予定です。さらに、ウルトラマンの新シリーズ「ウルトラマンオーブ」がテレビで7月9日から放送開始し、NHKでは7月9日に怪獣大感謝祭が3時間スペシャルで放送予定。そしてガメラは?

スポンサードリンク

シン・ゴジラ

もうすでに多くの情報が出回っているので、新しいものはありませんが、このブログは音楽関係なので、コジツケも含めて「伊福部明」BGMバージョンの予告編動画を紹介します。
シン・ゴジラ予告(伊福部昭Ver.) Godzilla Resurgence:Akira Ifukube Ver.

この伊福部明のゴジラマーチはなぜか魅力的です。それが高じて私はCDまで買ってしまいましたが、何かにチャレンジする時などには、勇気を奮い起こすためにこの「ゴジラマーチ」を聴いています。音楽の力は凄いです。

過去のゴジラ映画は全てDVDで持っていますが、どこか動画で観れるところがないか探してみました。Huluは昔から知っていましたが、最近はあまり観ないので解約しました。GYAO!にあったので無料で観れるかチェックしてみました。ゴジラシリーズのURLは以下です。
http://streaming.yahoo.co.jp/series/toh_godzilla/
GYAO!ゴジラタイトルが「GYAO!ストア」なので有料だとは思いましたが、「商品情報」の右に「¥0」のアイコンが表示されているので、ひょっとして無料かも?と下にスクロールすると?
GYAO!ゴジラ無料なのは予告編で、本編は7日間レンタルで324円でした。1本ならHuluより割安ですが、何本も観るならHuluの方が安上がりですね。
GYAO!ゴジラということで、15分で振り返るYouTubeの動画を紹介します。
ゴジラ 全28作総集編(完全保存版)

初代ゴジラが公開されたのが1954年(昭和29年)なので、私と同い年です。その年にディズニーの「海底2万マイル」というSF映画も生まれました。今から考えると、当時の映画製作者の創造力に驚くばかりです。
“20.000 Leagues Under the Sea” (1954) Trailer

ウルトラマン

昨年突然こんな動画が流れました。
Ultraman – Movie Trailer 2016 – ウルトラマンの映画 – 予告編2016

妙にリアルな映画の予告編っぽいのと、2016年がウルトラマンシリーズ放送開始50周年なのとで、7月7日に初代ウルトラマンの映画が公開されるのではないかと噂を呼びました。結果としては、7月9日からテレビで「ウルトラマンオーブ」が放送開始されます。マイナビニュースの記事から抜粋を引用します。

ウルトラマンオーブウルトラマン放送開始50年。歴代ウルトラ戦士のパワーをかりて戦う”風来坊”の新ヒーローとして、2016年7月9日(土)よりテレビ放送が開始となる『ウルトラマンオーブ』だが、早くもBlu-ray BOXでの発売が決定した。

スポンサードリンク

全25話が、豪華特典ディスク付きのBlu-ray BOX”3枚組・全2巻”でのリリース。「ウルトラマンオーブ Blu-ray BOX I」は2016年11月25日、「ウルトラマンオーブ Blu-ray BOX II」は2017年2月24日の発売予定となっている。価格は各22,000円(税別)で、特典ディスクには、「キャストメイキング」「『Making Mystery Points!』(特撮メイキング)」「未公開映像(TV放送ではカットされた映像を解説入りで収録)」「ノンテロップOP/ED」「ガイのウルトラヒーロー大研究」「番宣スポット」「Webプロモーション映像」などが収録される。

GODZILLA ゴジラ[2014] 3D&2DBlu-ray3枚組

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

円谷プロのサイト内に設置されたウルトラマン50周年の特設サイトは以下です。
http://m-78.jp/50th/

NHKの怪獣大感謝祭(7月9日)の特設サイトは以下です。
http://www.nhk.or.jp/ultraman50/

ガメラ、こちらも50周年で記念映像があります。映画の予告編ではありません。
ガメラ 生誕50周年記念映像 GAMERA Long Ver!

ゴジラは日本よりむしろ海外で愛されているような気がします。もちろん、私の年代でゴジラファンは多いです。アメリカに仕事で出張した時にホテルで食事をしていたら、奥の部屋で結婚披露パーティーをしていた若者たちに向かって2メートルのゴジラのビニール人形が乱入したのを目撃しました。ゴジラが生活に溶け込んでいるように感じました。

しかし、私にとってはゴジラは「挑むべきもの」なのかもしれません。愛すべき恐怖。普遍的な存在。常に生まれ変わり新しくなるチャレンジャー。創造のための破壊神。

【映画】「シン・ゴジラ」の予告編が話題に?!

ではでは、きらやん

(Visited 149 times, 2 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)