【i.Dolls】映画「少女は異世界で戦った」に出てくる美少女アイドル戦士とは?!

【i.Dolls】映画「少女は異世界で戦った」に出てくる美少女アイドル戦士とは?!

パラレルワールドの向こう側の世界で、4人の美少女アイドル戦士がこちら側の世界から送り込まれたテロリストたちと戦う物語の映画を紹介します。アイドルと戦士が表裏一体となって進むストーリーの中で、主人公たちが次々と死ぬのにハッピーエンドな映画とは?

スポンサードリンク

ニュースウォーカーの記事から引用

『TOKYO TRIBE』のヒロインや元AKBのメンバーが新たなアイドルグループを結成!

i.Dolls

歌やダンスで人々に笑顔や元気を与えるアイドルグループ、i Dollsの4人

“アイドル戦国時代”と言われ出してから数年経った今なお、次から次へとグループの解散やデビューが繰り返されているアイドルの世界。そんな中、CMや映画で活躍する女優たちが集結し、さらなるアイドルグループ、i Dollsが結成された!

実はこれ、9月27日(土)公開の『少女は異世界で戦った』の中での出来事なのだが、そのメンバーはまさに今が旬な女優たちばかりなのだ。リーダーのレイに扮するのは頭で瓦を割るCMで一躍注目を浴びた武田梨奈。同じくマリ役には『TOKYO TRIBE』(公開中)でヒロインを演じた清野菜名、アリサ役には元新体操の選手という経歴を持つ花井瑠美、さらにミキ役にはAKB48の初期メンバーで当時チームA最年少メンバーとして活躍した加弥乃という4人がアイドルを演じている。

現実世界(アワーワールド)と、核も銃もないアナザーワールドという2つの世界が混在する近未来の日本が舞台となる本作は、現実世界ではアイドルである4人が、もう一つの世界では美少女戦士して活躍しているという設定。加弥乃以外の3人にとっては初のアイドル役でダンスや歌に奮闘する一方で、剣を手にワームホールから現れる侵入者と戦う戦士に扮し、スタントなしでのアクションにも挑戦している。

スポンサードリンク

この奇想天外な世界を紡ぎだすのは、『デスノート』シリーズで知られる金子修介監督。金子監督といえば、いまだカルト人気を誇る『1999年の夏休み』(88)の深津絵里など、女優を見出す力に定評のある監督だが、その彼がかつての人気アクション女優、志穂美悦子の遺伝子を持つ女優を集めたという本作。アイドルならではの華やかな見せ場もさることながら、4人の本格的なアクションシーンも必見だ。【トライワークス】

「少女は異世界で戦った」


Amazon(有料レンタル/ダウンロード):詳しくはこちら>>>
少女は異世界で戦った

まとめ

予告編です。
金子修介監督「少女は異世界で戦った」予告編

低予算映画は時々観ますが、期待せず観始めて、観終わった時に満足感が少しでも得られればラッキーだと思っています。ところが、この映画はかなりな満足度だったので超ラッキーでした。ただし、かなり人を選ぶと思います。どちらかと言うと、マニアックな人におススメです。前半は少々退屈かもしれませんが、後半は盛り上がります。
i.Dolls
見どころは、スタントやロープやCGを一切使わない生のアクションシーンだと思います。しかも、パラレルワールドの向こう側の世界観の設定で、銃器は廃止されて刀で戦うという「忍者」「チャンバラ」「格闘技」のエッセンスが盛りだくさんで、4人の女優の鍛えられた動きは圧巻です。
i.Dolls
最後は主人公たちが次々と死んでゆくのにハッピーエンドなのですが、ここが「何のために戦うのか?」というテーマに沿ったエンディングになっています。ハリウッド映画には無い日本的な精神を感じるところだと思いますね。

「フリンジ」「スターウォーズ」「マトリクス」「攻殻機動隊」などから、パラレルワールドの世界観だけでなく、小道具や衣装、アクションなどのエッセンスを盗み、モノマネでない本物に昇華させているところはさすがですね。外国人が喜びそうな日本のイメージ満載なところもいいんじゃないでしょうか?
i.Dolls
この映画は日本国内だけでなく、海外でも公開され話題になっているので、このブログのサブテーマ「日本発、世界へ」に沿った映画ということで紹介しました。2014年公開の映画なので少々古いかな?とも思いましたが、新しい要素満載で、面白かったです。

【BABYMETAL】新曲「KARATE」MV公開 〜 ニューアルバム?!

ではでは、きらやん

(Visited 220 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)