【知英】写真集の個展から恋愛論まで、YouTubeで一挙に紹介してみる?!

【知英】写真集の個展から恋愛論まで、YouTubeで一挙に紹介してみる?!

知英(ジヨン) が韓国から近況を「I ♥ SEOUL ♥ U #観光客モード #少し休んでいきます KR Being a tourist」。写真集から始まって、映画主演、月9ドラマ主題歌、ミュージカル主演、ラジオMCと話題が尽きない知英の近況をYouTubeで紹介します。

Kstyleの記事から引用


写真=知英 Instagram

日本で女優や歌手として活動中の元KARAの知英(ジヨン) が近況を伝えた。

知英は「I ♥ SEOUL ♥ U #観光客モード #少し休んでいきます KR Being a tourist」と書き込み、日本語で「観光客みたい」と続けた。掲載されたセルフショットで知英は韓国を訪ねて休暇を楽しんだとみられる。白い服を着て髪を後ろで結んだシンプルなスタイルだが、知英特有の微笑みが魅力的だ。

写真を見たネットユーザーは「お姉さん、どうしてこんなにきれいなんですか?」「ソウルなの?」などの反応を見せている。

知英は日本で映画の撮影はもちろん、月9ドラマ「好きな人がいること」の主題歌を歌うなど、活発な活動を展開して愛されている。

知英2nd写真集『美 Gently』: スーパージヨン 大型本 – 2016/6/24

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

ここのところ知英関連の話題が満載ですが、写真集に始まり、映画「全員、片想い」の中の「片想いスパイラル」で主演、JYとして月9ドラマ「好きな人がいること」主題歌を歌ったり、さらにドラマのBD/DVDリリースやらイベントやら、ファンにはたまらない季節になっています。

今回は関連するYouTubeの動画を紹介します。

最初は写真集の個展です。
知英、月9主題歌の反響をエゴサーチ 写真集『美 Gently』個展開催紀念トークショー

広告

知英はKARAの時代には「ジャイアント・ベィビー」がニックネームで、メンバー5人の中では最も身長が高かったです。167cmなので、若い女性としてはそれほど高いわけではありませんが、スタイルが良いので高く見えますね。

次は「片想いスパイラル」のワンシーンです。
강지영(知英) 일본 영화 ‘모두 짝사랑(全員、片思い)’ 中

次は、ネスレシアター「Life is…」のワンシーンです。これはYouTubeで観れます。前編と後編に分かれています。
강지영(知英) 킷캣 웹무비 ‘Life Is…’ 화내는 씬 (자막X)

さすが四か国語を操る才女ですね。英語もバッチリです。知英のラジオを聴いていると、英語の発音をカタカナ英語に直して発音しているのが凄いです。韓国のアーティストの英語を聴いていると、日本と違ってほぼネイティブ英語の発音ですが、知英は途中までネイティブ英語で発音しているのに気が付いて、慌ててカタカナ英語に直す場面とか見ると、プロだなと感じます。

次は、JY「好きな人がいること」のライブバージョンです。
JY 好きな人がいること FNSうたの夏まつり2016

アーティストとして聴くとあまり上手くないですが、女優なのに歌手デビューしてオリコン上位を獲得する人も居るので、そういう人は必ずしも歌唱力があるわけではなく、表現力だと思います。松たか子とか典型的ですね。

最後にTOKYO FMの「知英の季節」最新版(7/20)です。
第68回 知英の季節 20160720

今月は映画のテーマに合わせて「片想い応援月間」なのですが、7月に入ってから3回放送された番組が繋がっていて、最初から聴くとけっこう笑えます。知英は韓国人なので、どこか日本人と違った感性を持っていて、それは恋愛観にも表れていて、思いっきり前向きです。

なぜ面白いかというと、正直に思ったことを公共の電波に乗せて言ってしまうところかな? もちろんプロなので、言ってはいけないことは承知していますが、なんというか、ギリギリスレスレまで踏み込んでいくところが凄いです。そこにファンへの愛情を感じますね。

ラジオを聴いていたのは主に高校生の頃ですが、当時は「オールナイトニッポン」などのベテランパーソナリティーの喋りを聴いていたので、今の知英とはずいぶん違っていましたが、普遍性を感じる部分も多くあります。

私が最初にラジオを自作したのが小学校5年生の時で、ゲルマニウムラジオといって、電源が必要なく、電波の電力だけでイヤフォンで聴けるものでした。その代わり、部品は大きくて、ラジオ全体だと20cm角の立方体くらいでしたが、今では広島に居ながらradiko.jpでTOKYO FMが聴ける世の中になりました。

【知英】日本のミュージカルのヒロインにキャスティング?!

ではでは、きらやん

(Visited 47 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)