【KARA】記憶に残る歌たち(KARA ver.)

【KARA】記憶に残る歌たち(KARA ver.)

KARAは少女時代と違ってストーリー性のあるミュージックビデオはほとんどありません。ではKARAの記憶に残る歌とは? 今回は日本では馴染みのない韓国版のミニアルバムから、私が記憶に残った歌をピックアップして動画で紹介します。

スポンサードリンク

Starlight

最新の韓国版ミニアルバム「In Love」のトップに配置された曲です。ポップでありながら美しいメロディーラインが印象的です。

リードトラックの「CUPID」とカップリングされることが多いですが、今回は敢えて日本でも有名な「CUPID」は外しました。
[ad]

Way

タイトルはよく聞くと思いますが、意外と知られていない曲ではないでしょうか? MVの作りが凝っていて非常に印象的な映像に惹かれます。

こちらもリードトラックの「Pandora」とのカップリングが多いですが、「Pandora」も有名なので外しました。

Lost

ニコルのソロ曲です。2AMジヌンをフィーチャーしています。ニコルがカッコイイのと、MVの映像が美しいのと、男女のハーモニーが美しいのと3拍子揃った曲ですね。トータルな感じが印象的です。

ソロアルバムに入っている1曲です。他のメンバーのソロ曲もありますが、私にはコレが一番良かったです。

Let It Go

あのディズニーの有名な曲とはまったく別の曲です。なぜ印象に残っているかというと、KARAっぽくないからです。私が韓国の曲をあまり知らないからかもしれませんが。

オリオンとか日本のアイドルグループが歌いそうな曲もありますが、そういうのは止めてほしいですね。あくまでK-POPっぽい曲で勝負してほしいと思います。しっとりとしたバラードは大歓迎ですが、K-POPのバラードであってほしいです。

まとめ

今回紹介した中でも最も印象的なMVは「Way」です。なぜこのようなMVがKARAから生まれたのかはよくわかりませんが画期的だと思いました。その曲の成否を握る鍵がMVに移行している現代ではこのような作品の重要性が問われていると思います。

とは言ってもベースは楽曲のクオリティーとアーティストの表現力です。KARAのさらなる飛躍はクリエーターとKARA自身のクリエイティビティーの進化にかかっていると思います。頑張れ!

KARAの進化の鍵を握る逸材スンヨンの今を追いました↓↓↓
【KARA】スンヨンの時代?!
ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 47 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)