【KARA】ギュリと少女時代ユナの五角関係とは?!

【KARA】ギュリと少女時代ユナの五角関係とは?!

KARAのギュリと少女時代のユナ。どちらもグループを代表する美貌の持ち主で高い人気を集めています。一見二人には接点は無いように思えますが、日本の代表的な俳優を介して繋がっています。仲良くすることとは?

スポンサードリンク

ギュリから出発!

KARAのリーダー、ギュリが好きな男性は福山雅治だということは、本人が公言していて有名です。
GyuRi Loves Fukuyama Masaharu!!

ギュリほどのトップアイドルが男性の実名をあげて好きなタイプだと公言するのは芸能界では難しいはずですが、それができるのがKARAの良いところだと思います。さんまさんはこれを「自由過ぎる」と言っていましたね。
[ad]

福山雅治側では?

福山雅治のラジオ番組にPerfumeがゲスト出演した時のトークです。ラジオなので音声のみです。
KARAギュリちゃん「福山雅治にラブコール」

Perfumeは福山雅治と同じ事務所の後輩なので、気安く接しています。福山も優しいお兄さんとして会話しているわけですが、仲良くしている雰囲気はラジオでもよくわかると思います。

そして、ギュリが「福山雅治が好きな男性のタイプだ」と言っていたということをPerfumeのあ〜ちゃんが直接福山雅治に伝えたわけです。こうして「仲良くなる」伏線がどんどん繋がっていきます。

ギュリと福山雅治?

そしてついにギュリと福山雅治はいっしょに仕事をすることになりました。ドラマ「ガリレオ」の中の挿入歌をギュリが歌いました。「GYURI+」ですね。これで二人は仲良くなれました。
福山雅治、ドラマ「ガリレオ」と音楽「Galileo+」 第三夜④

福山雅治と共演している日本の女優は?

福山雅治がドラマ「ガリレオ」で共演していたのが、柴咲コウです。GYURI+の元になったのがKOU+であり、これは柴咲コウと福山雅治のユニットですね。
福山雅治の恋愛を柴崎コウが大暴露!「あまりの恥ずかしさに。。。」

この二人はけっこういい雰囲気で仲が良さそうです。柴咲コウは人見知りなので近づきがたいのですが、福山雅治の優しさが氷を溶かすのでしょう。

柴咲コウのもう一人の共演者と言えば?

ドラマ「安堂ロイド」で柴咲コウが共演したのが木村拓哉でした。やっとユナと繋がりましたね。
安堂ロイド 撮影現場の裏側 木村拓哉と柴咲コウ

木村の優しさは、四葉のクローバーを見つけてプレゼントするという「小さなサプライズ」という形でした。小さなサプライズは時として大きなサプライズより強力な場合があります。

少女時代のユナの理想の男性は?

スポンサードリンク

もちろん、木村拓哉です。これもギュリと同じく公言しているので有名ですね。
少女時代 ユナ! 理想のタイプは木村拓哉(SNSD GEE THE BOYS mステ 紅白歌合戦)

ユナは日本のバラエティー番組で木村拓哉の後ろに座ったことがあります。
木村拓哉ユナ残念ながらギュリのように仕事で共演したことは無いみたいですね。

まとめ

ギュリの願いがかなって、福山雅治との共演が実現したのは、元はと言えばPerfumeのあ〜ちゃんがKARAに思い切って声をかけたことから始まっています。

そしてKARAもあ〜ちゃんと仲良くしたことが、ギュリの夢の実現に繋がりました。たったの仲良くするだけのことで理想の相手と会えたり、いっしょに仕事ができるようになります。

人見知りの柴咲コウの心を解放するのも、福山雅治の優しさですし、木村拓哉の小さなサプライズだったわけです。

仲良くなるには小さな勇気が要ります。仲良くなったからといって成果に直接繋がるわけでもありません。しかし、目に見えない力が働いて小さな奇跡を起こします。

小さなサプライズや小さな奇跡が積み重なると大きな力になります。これには年月がかかりますが、それは簡単には消えない強固なものになっている筈です。

福山雅治や木村拓哉の行動を見ていると、単にイケメンで実力派というだけでなく、コツコツと小さな奇跡を積み重ねる努力を惜しまず、小さな喜びや楽しさを大切にする一人の人間としての魅力を感じますね。

【KARA】ギュリ&FROM THE AIRPORT、ライブ公演の模様を放送

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 813 times, 2 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Cheers for this outstanding write-ups. Keep sharing excellent articles!

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)