【シシド・カフカ】K⁵(Kの累乗)ワンマンライブ「ミディアム・レア」@Zepp Tokyo

【シシド・カフカ】K⁵(Kの累乗)ワンマンライブ「ミディアム・レア」@Zepp Tokyo

豪華アーティストたちとのセッションを果たしたミニアルバム『K⁵(Kの累乗)』に伴うワンマンで、自身初のZepp Tokyo公演。ステージにはそのジャケ写同様、たくさんのシンバルがオブジェとして飾られています。まずは、シシド・カフカのドラムソロと渡辺俊美が手がけた「くだらない世の中で」でロッキンな先制パンチが決まりました。

スポンサードリンク

Youtube動画

シシド・カフカ/Don’t be love LIVE

[ad]

OK Musicの記事から引用

豪華アーティストたちとのセッションを果たしたミニアルバム『K⁵(Kの累乗)』に伴うワンマンで、自身初のZepp Tokyo公演。

ステージにはそのジャケ写同様、たくさんのシンバルがオブジェとして飾られている。まずは、シシド・カフカのドラムソロと渡辺俊美が手がけた「くだらない世の中で」でロッキンな先制パンチが決まる。

生本直毅(Gu)、安達貴史(Ba)、奥野真哉(Key)、カメダ タク(Key)による鉄壁サポートの中、カフカは歌とドラムを全力でこなし、フォトジェニックなプレイでも魅了。

演奏が終われば気のいいMCで楽しませ、次の曲のスイッチまでほぼ自分で入れるのだからすごい。プリッツのCMでおなじみ「Hunger×Anger」では、“聞こえない”“もっともっと!”と合いの手を煽る場面も。

中盤はYO-KING作の「あの夏、君が見てたモノ」、「100年ビール」をふくよかに聴かせ、ライヴに起伏を付けていく。

「Trans fatty acid」は、ゲストのKenKenが原曲にはないラップ調のリリックを乗せて披露。超絶ソロなどで観客を大いに沸かせると、カフカの笑顔も弾ける。

その後に登場した斉藤和義には“裸足ですね。親指絆創膏付いてる”“ペダル踏みやすいように? 足の裏も真っ黒けじゃないですか”なんて和やかにいじられるも、憂いの香る「Don’t be love」でしっかりと新味をアピールした。

スポンサードリンク

CDデビュー曲「愛する覚悟」で本編を締め、アンコールでは再登場した斉藤と「歩いて帰ろう」。ラストは甲本ヒロト作「バネのうた」が高らかに響き、《5 4 3 2 1 ビヨーン》の魔法で会場を見事に一体化させてみせた。

K(Kの上に5)(Kの累乗)(CD+DVD) CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

Google play musicで最新のミニアルバム「Kの累乗」が聴けます。

少女時代、KARA、SCANDAL、ねごとなどをずっと聴いていると、洗練されている曲ばかりなので少々変わった傾向の曲が聴きたくなります。

そういう時にこのシシド・カフカを聴くと心地よいです。やはりドラムサウンドが中心だということと、ボーカルが他とは違うところでしょうか?

とは言っても王道は外していないので微妙な違いに収まっており、そこが心地よく聴こえる理由でもあるかと思います。

どちらかというとアナログ的なロックサウンドなので、レトロっぽくもあり、懐かしささえ感じることもあります。

ドキュメンタリー番組の「アナザースカイ」に出演しているので紹介します。22分あるので時間がある時に観てください。

シシド・カフカ、オススメです!

【Do As Infinity】「a-nation stadium」東京1日目 オープニング

ではでは、きらやん

[ad]

(Visited 30 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)