【K-POP】人気度:今年日本で活躍したガールズグループは?!

【K-POP】人気度:今年日本で活躍したガールズグループは?!

今年日本で活躍したK-POPガールズグループは、KARA、Apink、AOAなどですが、では人気度はどうなのかを、恒例のGoogle検索数でランキングにしてみました。参考に、J-POPのAKB48とPerfumeも同様に検索して比較しています。

スポンサードリンク

今年日本で活躍したK-POPガールズグループのGoogle検索数ランキング

グループ名そのままだと関係ないものも拾うので、名前の後ろに「kpop 日本」を追加して検索しました。
1. f(x):   3,780,000
2. KARA:   1,330,000
3. 少女時代: 789,000
4. AKB48:    725,000
5. AOA:        708,000
6. Girl’s Day:696,000
7. Apink:      632,000
8. Perfume: 463,000

相変わらずf(x)の人気は高いですね。群を抜いています。少女時代も今年は日本ではほとんど活動していないにもかかわらず3位に入っています。SMエンターテインメントのマーケティングの力が優れているのでしょうか?

SM以外ではApinkがもう少し上位になっても良いような気がします。そこで、メンバーの中で最も人気度が高い人をピックアップして比べてみました。
[ad]

最も人気度が高いメンバーのランキング

今回はグループ名と名前のみで検索しました。これだと関係ないものはほとんど拾いません。
1. f(x) クリスタル:          5,810,000
2. Perfume あ〜ちゃん: 1,410,000
3. 少女時代 ティファニー:962,000
4. AKB48 指原莉乃:         766,000
5. KARA ハラ:                  618,000
6. Apink ナウン:               355,000
7. Girl’s Day ミナ:            202,000
8. AOA チョア:                195,000

f(x)のクリスタルの人気度が飛び抜けています。あのクールビューティー氷姫は日本のアイドルにはない何か魅力を持っているのかもしれません。少女時代はなぜかティファニーがトップでした。たぶん日によって変わるものと思われます。

ApinkのナウンはAOAやGirl’s Dayを抑えてKARAのハラちゃんの次に付けています。このあたりはランキングとして決めつけるのは難しいですね。あまり意味がないかもしれません。

f(x) 2016 SEASON’S GREETINGS

スポンサードリンク

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

Google検索数から見ると、今年日本で活躍したK-POPガールズグループは、日本の代表的なグループであるAKB48やPerfumeに勝るとも劣らない人気度があることがわかりました。

しかし、収益の源泉であるCDの売り上げからすると、まだまだK-POPガールズグループはAKB48やPerfumeには及びません。何が違うのでしょうか?

ビルボードジャパンのチャートインサイトでほぼ同時期にリリースしたCDのランキングを追ってみると、日本のアーティストと韓国のアーティストで顕著な違いがあることがわかります。

日本も韓国も発売日前後で爆発的に売れるのは、ファンクラブの会員が予約注文しているので一斉に売れますが、その後の動きが異なります。日本のアーティストの場合はゆっくり下降するのに比べ、韓国のアーティストは急激に下降してしまい短期間に勝負が付きます。

ですから、KARAのようにオリコンデイリーランキングで1位と取っても、累計ではPerfumeに追い抜かれてしまうわけです。AKBグループのように初日で数十万枚売ってしまうような方法は韓国のグループでは難しいと思います。

CDが売れさえすれば手段は問わないのか、アーティストとしてのプライドや音楽メディアの価値を保つのか、時代の流れとともに変化していきますが、アナログレコードの人気が復活しているのは何かを物語っているように思えます。

【KARA】ビルボードジャパンで今年のK-POP女性グループは?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 96 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)