【リトグリ】日本武道館公演を成功させた女子高生6人組のボーカルグループ?!

【リトグリ】日本武道館公演を成功させた女子高生6人組のボーカルグループ?!

2017年が明けてまもなく、リトグリは2ndアルバム『Joyful Monster』をリリースし、デビュー以来ずっと口に出してきた「武道館」という夢の舞台に1月8日ついに立ちました。そして東京ドームで歌ってみましたが?

スポンサードリンク

M-ON! Musicの記事から引用

「歌の力」に救われたい人は、今こそ“リトグリ”を聴くべき

日本武道館公演を大成功させたあのCMの女の子たち

「ソニー損保のCMで、手合わせ遊びをしながらアカペラで歌ってる女の子たちって誰?」「あ、ラウンドワンのCMで仲良さそうにボウリングしてる子たちももしかして同じ?」。昨年、そんな声を友人から何回か聞いた。そんなふうに広く一般にも存在を知られるようになった“リトグリ”の愛称で呼ばれるLittle Glee Monster。

2013年秋にメジャーデビューした、現在でもまだ全員がハイティーンの女子6人組のボーカルグループだ。2017年が明けてまもなく、リトグリは2ndアルバム『Joyful Monster』をリリースし、デビュー以来ずっと口に出してきた「武道館」という夢の舞台に立った。それも、ぐるり360度すべてに観客を入れてもなお立ち見が出るという正真正銘の満員御礼。

同世代はもちろん、彼女たちの親の世代、そのまた親の世代に至るまでの訴求力は、音楽本来の価値を見失いかけていた送り出す側の人々にとっても、「救世主現る」的な一筋の光となった。

オーディションを勝ち抜いた最強の歌少女たち

リトグリは、いわゆる友達派生のグループではない。レコード会社と事務所とが世界に通用する人材発掘のために行った「最強歌少女オーディション」を勝ち抜いたメンバーで結成された、いわばエリート集団。ローティーンにして大人たちの期待と、結果を出すという使命を全身に背負ってスタートしたわけだ。

実は一人ひとりがグループ志向ではなかった彼女たちは、レッスンを積むなかでお互いのキャラを知り、声を重ね合わせる意味を見出し、同志として、ライバルとして、友情も育みながら、徐々に意思を持つLittle Glee Monsterとなっていった。

デビュー曲「放課後ハイファイブ」は、ソウルフルな歌声で鮮烈なデビューを果たしたという意味で先輩といっていい福原美穂が楽曲を提供。早くからリトグリの噂を聞きつけ、そのライブにもたびたび訪れていたゴスペラーズも、2015年には自身が企画するアカペラコンサートにリトグリをゲストとして迎えるなど、交流を深めてきた。
まだ純粋さを残す彼女たちの音楽への一生懸命さや怖いほどの伸びしろは、先輩ミュージシャンたちが思わずかわいがりたくなり、また奮い立たせられるものでもあるだろう。良い音楽を次世代に伝えたい。そう願う者たちにとってリトグリは、まさにリレーのバトンを渡したい存在なのだ。

ドラマ「表参道高校合唱部」の主題歌でブレーク

2015年夏、4thシングル「好きだ。」がTBS系ドラマ「表参道高校合唱部」の主題歌となり大ブレーク。リトグリは、歌好き、合唱好きの同世代の憧れの的となった。

本格的なワンマンツアーもその頃からスタートし、各地で熱狂的に迎えられた。とにかく「生」が良いのだ。

デビューの頃「グループ志向じゃなかった」「ハーモニーはやったことがなかった」と言っていた彼女たちだが、今では難しいテクニックも取り入れた完璧なアカペラで観客を魅了する。

スポンサードリンク

ここ最近はダンスにも磨きがかかり、初武道館ではちょっとセクシーな振りつけにも挑戦。その躍動のなかに、内も外も劇変する思春期をたゆまぬ努力と訓練で駆け抜けたメンバーの、女性としての逞しさを垣間見た。幼虫、さなぎ、そして蝶へと、めいっぱい栄養を得てのメタモルフォーゼ。6人の切磋琢磨という加速度もつき、今、大人たちの想像を遥かに超えた羽ばたきを見せ始めている。

デビュー時、中学2年生だったいちばん下のmanakaは、東京オリンピックの年に20歳。その頃Little Glee Monsterは、日本にもプロ中のプロのスーパーガールズがいることを、世界に見せつける存在となっているはず。

肉声という楽器と、それを操る術もセンスも持ち合わせたリトグリは、まんま音楽そのもの。2020年へ、そしてさらなる未来へと、託されたリレーのバトンを力強く繋いでいってくれることだろう。

TEXT BY 藤井美保

Joyful Monster(初回生産限定盤)(DVD付) Limited Edition, CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

先ずは、東京ドームで歌ったアカペラです。
リトグリ 東京ドームで歌ってみた

私の世代だと思い出すのはこの曲ですね。
speed – white love

そしてアカペラと言えばこのグループ。
PENTATONIX 「Perfume Medley LIVE 」

東京ドーム2daysもグラミー賞も待っています。大きな目標を掲げて頑張って欲しいです。

【リトグリ】ニューシングルよりラジオ初OA?!

ではでは、きらやん

(Visited 232 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)