【リトグリ】幼きスーパーアイドルの卵?!

【リトグリ】幼きスーパーアイドルの卵?!

BABYMETALを筆頭に、最近は若いというより幼いという方が当たっているアーティストの動画に出くわし驚きを隠せません。私はSPEEDが世に出る前にリアルタイムでテレビの中のSPEED(まだ名前が付いていませんでしたが)を応援していたオヤジの一人だったので、可能性に満ちた彼女たちをつい応援したくなります。今回は最近気になった動画を紹介します。

Little Glee Monster

平均年齢15歳の6人の女性ボーカルユニットです。すでにメジャーデビューしていて人気急上昇中です。PVの再生回数はすでに100万回を超えているなど、知名度も高いです。

以下は「HARMONY(PV) / Little Glee Monster」です。再生回数は73万回でそこそこ有名な曲です。

美しくパワーのあるハーモニーがとかく話題になりますが、私はむしろリズム感に特徴のあるアーティストだと考えています。ダンスをしないのでリズム感については未知の部分が多いですが、なんと言うか私の頭の中では彼女たちが踊っているんですね。それがカッコイイです。見せないカッコよさとでも言いますか・・・
リトグリ

℃-ute

平均年齢13歳で、最年少は小学校5年生でした。かつてのPerfume並みの若さですが、動画でわかるようにこの時点でオリコンのシングルランキング5位に入っています。つまりメジャーデビュー(2007年)しているということです。

Perfumeがメジャーデビューしたのは2005年ですが、すでに17歳でしたから、℃-uteがいかに幼くしてメジャーデビューしているかがわかります。

現在までにシングル27枚、オリジナルアルバム8枚をリリースしています。Perfumeはメジャーデビュー後も2年間は「崖っぷち」アイドル時代がありました。その間に周囲が見渡せる能力を身につけることができたのではないでしょうか?
[ad]

デビュー後に急激に注目されチヤホヤされると周りが見えなくなるかもしれません。現時点では℃-uteはPerfumeと大きな差がついてしまいましたが、平均年齢21歳とまだまだ若いので、これからもっと頑張れると思います。
cuteなんとなくデビュー当時のKARAを思い出します。KARAも最初の2年間は辛い日々を過ごしています。℃-uteは日本のガールズユニットの中ではPerfumeやももクロの次に位置するトップアイドルグループだと思います。

以下は「℃-ute – Kiss me 愛してる (2014秋~モンスター~)」です。2011年当初の元のPVの再生回数は400万回を超えています。これは2014年版です。

広告

次の目標はやはり東京ドームライブだとは思いますが、国立競技場でワンマン2デイズライブを成功させたももクロでさえ東京ドームはまだなので、じっくり腰を据えてやれば良いと思います。それより全国ツアーの方が大切ですよね?

まとめ

リトグリは15歳ですが、Perfumeが広島から上京してインディーズデビューした頃と同じ歳ですね。まだ秋葉原で路上ライブをしてたった2人しか観客が居なかった頃ですから、リトグリは恵まれています。しかし、Perfumeはその時の2人の観客の顔を憶えていて、その後のライブにもずっと来てくれているのがわかったそうです。ある意味で幸せなことだったと思います。
Perfume℃-uteはコンスタントにオリコンランキングで4位以内に入っています。Perfumeがブレークしたきっかけの曲が「ポリリズム」でしたがオリコン7位でした。しかしその後が凄くて、翌年にはシングル、アルバム、DVDで全て1位を獲得し3冠を達成して日本武道館ライブ2デイズを成功させてしまいます。

やはりスーパーアイドルでトップアーティストになる条件は爆発力だと思います。しかしPerfumeはそれまで「崖っぷち」アイドルの時代が長く続いています。℃-uteも準備期間はもう充分過ぎるので爆発させるきっかけが必要な気がします。もちろん良い曲だとは思いますが、それを引き寄せる何かを見つけなければならないですね。

Perfumeの爆発のきっかけとなった曲「ポリリズム」です。

オリコン7位でしたし、今のPerfumeから考えるとそれほどカッコよくもないし、楽曲のクオリティーもイマイチですが、ただ1つだけ優れていたのは「メッセージ性」でした。外国人が好きになるのが理解できませんが、メッセージというのは国境を超えて届くのかもしれません。

最近注目されている女性アイドルバンドを2つ紹介します↓↓↓

【Silent Siren】妖精バンド?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 168 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)