【丸本莉子】ハイレゾ音源をiPod touchでLightning直結で聴くには?!

【丸本莉子】ハイレゾ音源をiPod touchでLightning直結で聴くには?!

丸本莉子は昨年6月に「ココロ予報」で史上初のハイレゾ音源デビューをしました。私はiPod touchで音楽を聴いているのでハイレゾには縁が無かったのですが、最近になってiPod touchでハイレゾを聴くようになったので、丸本莉子を例にその方法について紹介します。

スポンサードリンク

ハイレゾ音源の入手方法

配信音源の購入は主にiTunes Storeから行っていましたが、iTunes Storeでは未だハイレゾ音源は取り扱っていません。そこで、どこのサイトが良いかをいくつかの記事で調べた結果、私に合うのはmora(モーラ)だとわかったので、そこで手続きしてiPod touchにmoraプレイヤーアプリをインストールすることでハイレゾ音源を購入できました。

このあたりのサイトの選定や手続き方法については以下の記事を参考にしてください。
【ハイレゾ】iPod touchで初めてハイレゾ音源をゲットして聴いてみると?!

ハイレゾ音源における曲の選定

結論から言うと、ハイレゾを前提に作られた曲を選んだ方が、ハイレゾ機材で再生した時に高い音質で聴く事ができます。ですから、自分が好きだからということで、CDを前提に作られた曲を選ぶ場合は、通常音源にしてCDスペックで高い音質が得られる機材で聴いた方が良い結果が得られると思います。

その理由は、最初に購入したアルバムが宇多田ヒカルの「シングルコレクション1」でしたが、10~15年前の曲なので当然CDが前提で録音された曲です。これのハイレゾ版を2種類のイヤフォンで聴いて比較すると、ハイレゾスペックのイヤフォンよりCDスペックのイヤフォンの方が音が良いと感じました。

ところが、その後にSonyのハイレゾ機種(Xperia)のCM曲「VOICES」のハイレゾ版が無料で入手できたので、同様に2つのイヤフォンで比較すると、圧倒的にハイレゾスペックのイヤフォンの方が音が良く感じました。考えてみると当たり前かもしれませんが、盲点のような気がします。

そこで、今回はハイレゾデビューした丸本莉子の最新アルバム「フシギな夢の中」を購入しました。8曲入りで2,160円です。このアルバムにはライブ録音された曲も入っているので、ハイレゾの臨場感の良さも同時に確認することができます。

ハイレゾ音源のダウンロード

ブラウザーでmora.jpに行き、曲を検索してハイレゾ音源を見つけてクレジットで支払いをします。するとmoraプレイヤーアプリに行くボタンが現れるので、それをタップすればダウンロードする画面に行くので、ダウンロードボタンをタップして少々待てば完了します。
丸本莉子検索窓に「丸本莉子」と入力し検索します。

丸本莉子サムネイルをタップします。

丸本莉子下にスクロールします。

丸本莉子ハイレゾの方をタップします。moraはハイレゾだけでなく通常のAACも売っているので間違わないようにしてください。

丸本莉子赤字の「2,160円 まとめて購入」をタップします。一曲づつ購入する場合は下にスクロールします。

丸本莉子赤い「購入手続きへ >>」ボタンをタップします。

丸本莉子クレジット支払額を確認し、赤い「購入を確定する >>」ボタンをタップします。

スポンサードリンク

丸本莉子「moraプレイヤーアプリの起動」ボタンをタップします。アプリに切り替わります。

丸本莉子

右端の下矢印をタップします。ダウンロードが始まります。

丸本莉子右端のプログレスロールが消えればダウンロード完了です。

iPod touchでLightningコネクタ直結型ハイレゾイヤフォンの選定

私がネットで探したところ、2機種しか該当するイヤフォンは見つかりませんでした。以下です。

1. リンクスインターナショナル:IC-Earphone(Amazon: 7,420円)
2. ラディウス:HP-NHL11(Amazon: 15,900円)

Lightningコネクタ直結タイプのハイレゾイヤフォンは未だ出始めたばかりなので、今後は各社から出るのではないかと思います。

今回は単純に安い方のリンクスを選びました。使った感想については以下の記事を参考にしてください。
【Lightningコネクタ直結】ハイレゾDAC内蔵イヤフォンをJBLと比較視聴?!

リンクスインターナショナル IC-Earphone ホワイト ICEP-LT-04 WH

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

実は今回選定したリンクスのイヤフォンは、私がiPod touchで聴いているイヤフォン4種の中ではApple純正を除くと最も安いです。他の2種は両方ともJBLですが、ハイレゾではないのに2.5万円と1.4万円しました。それには理由があって、ノイキャンとワイヤレスだからです。

今回の丸本莉子のアルバムをこれらと比較視聴してみましたが、やはりリンクスが最も音質が良かったです。それで0.7万円と安いのでコスパは良いです。

しかし、リンクスは実用性で他より劣ります。耳からズレて落ちたり、しっかり奥まで入れると耳の穴が痛くなるし、ドライバの重量を感じて違和感があります。実用性と快適性に関しては、JBLのノイキャンかワイヤレスが優れています。

ハイレゾ音源をしっかり楽しむならリンクス、通常音源やストリーミングも含めて快適に音楽を楽しむならJBL、お金を出したくないなら通常音源でApple純正で済ますという選択になるのではないでしょうか?

JBLのノイキャンイヤフォンについては以下の記事を参考にしてください。

【Lightningコネクタ直結】JBLノイキャンイヤフォンをハイレゾ音源で聴いてみると?!

ではでは、きらやん

(Visited 39 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)