【KARA】MAX KARA 学べることとは?

【KARA】MAX KARA 学べることとは?

KARAは現在4人組の女性ボーカルダンスユニットですが、私の世代では4人組の女性ボーカルダンスユニットと言えば、SPEEDとMAXを思い浮かべます。KARAを直接日本のアーティストと比べるのは酷ですが、3000万枚以上売り上げているSPEEDは別として、800万枚程度のMAXとなら比較できるのではないかと考え、無理を承知で比較し、MAXから学べることを考察してみます。

スポンサードリンク

KARAとMAXの現在とは?

両方とも4人のメンバーですが、最も異なるのは年齢です。KARAが20歳から27歳で平均年齢24歳と若いのに対し、MAXは37歳から39歳で平均年齢は38歳と、アイドルグループとしてはSMAPとほぼ同じであり、女性アイドルグループとしては驚異的な長寿命アーティストと言えます。

MAXの最新曲である「情熱のZUMBA」のPVは以下です。

メンバーが3人なのは、1人が脱退したのではなく、REINAが出産後の育休中で活動を休んでいるからです。

続いてKARAの最新曲である「CUPID」のPVは以下です。

この2つを比べてもわかるように、年齢差が14歳もあるようには思えません。KARAが従来より成熟した大人の女性を演じているのに対し、MAXはダンサブルで活動的なイメージを与えています。その結果としてこの2つのユニットは歩み寄っているかに見えます。
[ad]

シングルCDの日本での売上枚数は?

KARAには意地悪な比較ですが、数字の比較をしないとMAXとの関係が見えてきません。
MAX: 827万枚
KARA: 128万枚(MAXの6分の1)

最多販売CD:
MAX: Give me a Shake: 48万枚(1997.4.9発売)
KARA: Go Go サマー!: 23万枚(2011.6.29発売)

MAXがメジャーデビューしてから現在までの活動期間が20年間と長いので、KARAが日本デビューしてから現在までの活動期間の5年間で20年を割ると4倍になります。128万枚を4倍すると512万枚になり、KARAが20年間この調子で活動を続けると500万枚以上売り上げることになりますが、本当にそうなるでしょうか?

もちろんCDが売れない時代です。しかし、世界のCD市場を見渡すと、唯一CDが売れている市場でもあります。韓国のマーケットを考えれば日本のマーケットでいかに戦えるかは今後のKARAにとっては大きな課題であるはずです。

MAXがKARAだったら

スポンサードリンク

歳の差の15年前のMAXの曲はどんな感じだったのでしょうか?以下は「MAGIC」です。

15年前のMAXです。これを観ればKARAが参考になるメッセージがあるはずです。楽曲の流行り廃りや技術の進歩はあるかと思いますが、人間の表現力そのものは時代の変化で進化すると思います。いかに時代を先取りしているのか、これは研ぎ澄まされた感性の問題だと思います。

安室奈美恵の時代

4人組で活動するときはMAXでしたが、安室奈美恵のバックダンサーのときはSuper Monkey’sと名乗っていました。つまり「安室奈美恵 with Super Monkey’s」というような感じです。ですから、安室奈美恵に注目が集まりMAXは影の存在のような印象を受けますが、当時の印象としては「妙に目立つバックダンサーだな?」という感じでした。

安室奈美恵 with Super Monkey’sの曲はこんな感じでした。「TRY ME」です。

バリバリのユーロビートですが、新しい音楽にこれほど似合ったグループは居ませんでした。先進性もさることながら、なんというか堂々としているというか海外の音楽に負けていない、自分たちの音楽だと主張しているような気迫さえ感じました。1995年ですから20年前です。

安室奈美恵のバックダンサーだけで終わらせはしないというMAXの女の意地を感じますね。

まとめ

KARAのこれからに期待したいのは、20年前のMAXのように「新しい自分たちの音楽を絶対に築いてやる」というような気迫と気概を持って欲しいです。メンバーが抜けても自分たちの音楽のポリシーがしっかりしていれば、またメンバーが戻ってくるかもしれないし(現にMAXの場合は一度脱退したMINAが戻ってきました)、新しい優れた仲間が増えるかもしれません。

時代や周囲の言葉に流されないことが大事だと思います。自分たちのスタンスさえブレなければ、新しいことにチャレンジできるし、失敗してもやり直せます。チャレンジせずに後悔するくらいなら、チャレンジして失敗する方がずっとマシです。反省して前に進めます。

人気が高かったニコルとジヨンが抜けたKARAですが、なぜか人気がそれほど落ちませんでした。なぜなのか?ファンの人気の秘密について考えてみます↓↓↓

【KARA】ファンKARA見たKARAとは?

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 29 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)