【新山詩織】月9ドラマ「ラヴソング」で福山の死んだ恋人役とは?!

【新山詩織】月9ドラマ「ラヴソング」で福山の死んだ恋人役とは?!

月9ドラマ「ラヴソング」に出演している女性シンガーソングライターの一人が新山詩織です。とは言っても福山雅治が演じる主人公の元恋人役ですでに死んでいる設定なので、藤原さくらやLeolaより出番は少ないです。藤原とLeolaはすでにこのブログで取り上げているので、今回は新山詩織を紹介します。

スポンサードリンク

音楽ナタリーの記事から引用

ラヴソング

本日6月5日に東京都内でフジテレビ系ドラマ「ラヴソング」のスペシャルイベントが行われ、ドラマに出演する藤原さくら、新山詩織、Leolaの3人が登壇した。

Leola

Leola

新山詩織

新山詩織

イベントは明日6月6日(月)放送のドラマの第9話の視聴会と、藤原、新山、Leolaの3人によるライブで構成された。最初にライブパフォーマンスを披露したのは、劇中で女性シンガー・シェリルを演じているLeola。ホットパンツにノースリーブというカジュアルなファッションに身を包んだ彼女は、劇中歌「Rainbow」をアコースティックギターをかき鳴らしながら歌い上げオーディエンスを魅了する。MCでは「私は、撮影の途中からの参加だったので不安だったんですが、すごく皆さんすごく温かかったです」とドラマの撮影現場の様子についてコメントした。続く新山は、主演を務める福山雅治が作詞作曲した劇中歌「恋の中」を弾き語り、会場をしっとりした空気で包む込む。演奏を終えると、「このドラマに関われていることが不思議で、幸せで、私にとって貴重な経験でした。福山さんからアドバイスをいただきながら完成した『恋の中』だったので、刺激になりました。私にとって大切な曲になりました」とはにかんだ。

藤原さくら

藤原さくら

左からLeola、藤原さくら、新山詩織。

左からLeola、藤原さくら、新山詩織。

藤原はハイチェアに座りギターをつま弾きながら、ドラマのストーリーの鍵を握る劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」と、福山が作詞作曲した主題歌「Soup」を続けて熱演。トークパートでは「この衣装を着て、佐野さくらのメイクをするのは最後なので感慨深いです」と口にし、「ドラマの出演が決まったときは、とんでもないことになったなと思いながらやらせていただいたんですが、スタッフの皆さんや共演者の皆さんのおかげですごいいい経験になりました。素敵な作品に関われたことを幸せに思います」と語る。また福山が手がけた楽曲についても触れ、「福山さんが作った曲を歌うとか、そんな人生を歩むとは思いませんでした。墓場まで自慢し続けようと思います」と笑った。

スポンサードリンク

さらにイベントの終盤では藤原、新山、Leolaによるこの日限りのセッションも実現した。3人は「ラヴソング」のヒロインのオーディションの課題曲であったという忌野清志郎の「500マイル」と、ザ・タイマーズ「デイ・ドリーム・ビリーバー」カバーをパフォーマンス。藤原、新山、Leolaは代わる代わるリードボーカルを取り、サビでは美しいハーモニーを響かせて500人の観客を酔わせた。

あたしはあたしのままで / 恋の中 (初回限定盤)(DVD付) Limited Edition, Single, Maxi, CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

新山詩織は20歳で藤原さくらと同い年です。この二人はドラマで共演する以前から友達であり、よく一緒に食事する仲のようです。モットーが「神に誓うな、己に誓え。」だそうです。BUMP OF CHICKINの藤原基央の名言ですが、この言葉には続きがあります。
「神に誓うな己に誓え、といいたいところだがこの場合は素晴らしく美しい。本気で誓っているところが美しい。他に誓うべき対象がある事に気付かないでいるところも美しい。情けなくて不安定で未完成な愛の言葉。でも言う人間に迷いがなければもの凄い輝きを放つのだ」

サラリーマン時代、管理職になった頃に上司から言われた言葉が「逃げ道は用意しておけよ」でした。もちろん部下に対しての言葉だとは思いましたが、もっと部下の数が増えてくると、自分に対しての言葉かもしれないと思うようになりました。つまり、自分の存在が多くの部下を守っているんだという自覚ですね。

新山詩織_月9ドラマ「ラブソング」の隠れ歌姫_めざましTV

本来は自分の歌が観客を変え、世の中を変えるわけですが、その自分の歌で自分を変えようとしているのは、技術者から見ると「再帰的循環(リカージョン)」みたいで面白いと思いました。

私はグループ会議でルールを1つだけ決めていました。「他のメンバーの意見を否定しない」だったのですが、「逆に~」のような言い回しも禁止していました。否定せず、さらに優れた意見を述べることで議論をスパイラルアップしていくことを求めました。そのためには常に変わらなければならないからです。

【公式】ラヴソング劇中歌「恋の中(short ver.)」新山詩織

【Leola】シングル『Rainbow』でメジャーデビュー?!

ではでは、きらやん

(Visited 109 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)