【NMB48】初ドキュメンタリー映画の特報解禁?!

【NMB48】初ドキュメンタリー映画の特報解禁?!

NMB48の初ドキュメンタリー「DOCUMENTARY of NMB48(仮題)」が、2016年1月29日より公開される。その最新映像が、NMB48の5周年記念ライブ最終日の10月22日に解禁された。

スポンサードリンク

M-ON! Pressの記事から引用

NMB48の初ドキュメンタリー「DOCUMENTARY of NMB48(仮題)」が、2016年1月29日より公開される。その最新映像が、NMB48の5周年記念ライブ最終日の10月22日に解禁された。

“アイドル不毛の地”と言われた大阪で、絶大な人気を誇るNMB48。圧倒的なダンスパフォーマンスを誇る一方、スターメンバーでもコントや漫才などお笑 いにも積極的に取り組むなど、独自の進化を遂げる彼女たち。そんな少女たちの疾走と迷い、光と影にカメラが密着。そのすべてを露わにしてゆく。48グルー プの中でも舞台裏の映像を観る機会が少ないNMB48。知られざる“真実の大阪物語”が今、満を持してベールを脱ぐ。

この特報映像には、NMB48のキャプテンでありながら、センターも務める山本彩、つねに比較されながらライバルとしてお互いを意識せざるを得ない白間美瑠と矢倉楓子の本音や、新しい世代の須藤凜々花らの清々しい姿など、メンバーの素顔が映し出されている。

監督は、これまでドキュメンタリー作品から劇映画まで幅広く手掛けてきた舩橋淳監督。代表作は「フタバから遠く離れて」(2012年)、「フタバから遠く 離れて 第二部」(2014年)という、東日本大震災で町全体が避難を余儀なくされた福島県双葉町と、その住民を長期にわたって取材したドキュメンタリー作品で、 ベ ルリン国際映画祭をはじめ各国映画祭に出品され、40ヵ国以上で上映されてきた。

つねに社会の不条理な出来事に、真正面から真摯に立ち向きあってきた舩橋監督が、今回“アイドル”という道に進んだ少女たちをどう捉えて、どのようにアプローチし、何を描いていくのか。ファンならずとも期待が膨らむ映像となっている。


作品情報

映画「DOCUMENTARY of NMB48(仮題)」
2016年1月29日(金)公開
企画:秋元康
監督:舩橋淳
出演:NMB48
上映時間:未定
(C)2016「DOCUMENTARY of NMB48」製作委員会


リリース情報

2015.10.07 ON SALE
SINGLE「Must be now」


「DOCUMENTARY of NMB48(仮題)」映画サイト

NMB48 OFFICIAL WEBSITE

スポンサードリンク

[ad]

【Amazon.co.jp限定】Must be now (通常盤Type-A) (オリジナル特典生写真付き) Single, CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

朝ドラ「あさが来た」の主題歌を歌っているのはAKB48ですが、そのセンターはNMB48の山本彩だというのは意外と知られていませんね。顔が出ないからですが、こんな映像がありました。
AKB48 NMB48 さや姉 山本彩 「365日の紙飛行機」 / 柏木由紀 高橋みなみ 横山由依 渡辺麻友

ドラマの字幕ではAKB48としか書いていないので、日本中の人がAKB48を好きになっていると思いますが、せめてAKB48/NMB48くらいの書き方はできないんですかね?

もっと言うと、NMB48/AKB48でもいいんじゃないでしょうか?

もっと言うと、山本彩 feat. AKB48とか・・・

広島人は、立場が弱い人を応援したい気質があるもので・・・

「上の者が、頭を下げてこそ意味がある」

頑張れ!

【知英】ジヨン「そちらの空は、どんな空ですか?」制作発表会3?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 28 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)