【NMB48】大ニュースが続いたこの半年で店舗セールスに変化は?!

【NMB48】大ニュースが続いたこの半年で店舗セールスに変化は?!

5月9日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、NMB48『甘噛み姫』が約26.3万枚のセールスをあげ、2位以下を大きく引き離しての1位となった。『甘噛み姫』は、約半年ぶりにリリースされたNMB48の14枚目のシングル。

スポンサードリンク

ビルボードジャパンの記事から引用

5月9日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、NMB48『甘噛み姫』が約26.3万枚のセールスをあげ、2位以下を大きく引き離しての1位となった。

『甘噛み姫』は、約半年ぶりにリリースされたNMB48の14枚目のシングル。前述の通り、リリース初週に約26.3万枚というビッグセールスを記録し、AKB48グループの特徴であるセールスの強さをまざまざと見せつけた。

前作シングル『Must be now』から今作リリースまでの間には、紅白出場や初のドキュメンタリー映画の公開、メンバーの渡辺美優紀の卒業発表など大きなニュースがあった NMB48。そんなこの半年の間でCDの売れ行きに変化はあったのか。SoundScan Japanのセールスデータから今作と前作の店舗での初週売上げ地域トップ5を抽出した。
『甘噛み姫』
1位:大阪
2位:東京
3位:神奈川
4位:愛知
5位:兵庫
『Must be now』
1位:大阪
2位:東京
3位:神奈川
4位:兵庫
5位:愛知
両作とも1位は彼女たちの活動拠点である大阪。この手の調査で1位になることが多い東京をおさえる数字を出しており、さらに兵庫も上位にいることから地元 からの大きな支持は前作も今作も変わらない。2位・3位も共に変わらず東京・神奈川。関東での人気もしっかり獲得している。今作と前作のセールス動向には 大きな変化は見られず、NMB48は大阪と東京を中心とした両地域でセールスを大きく上げているグループと言えそうだ。

【Amazon.co.jp限定】甘噛み姫(通常盤Type-A)(DVD付)(オリジナル生写真Type-A用付) CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

先ずは「甘噛み姫」のライブ映像です。
NMB48 「甘噛み姫」

NMB48はどちらかと言うと「辛口」のロック調の曲が合っている感じがします。必然的にマイナーなので少々暗いですが、根暗な私にとっては心地よいサウンドですね。

スポンサードリンク

「好きな曲ベスト3」という動画があったので、その時点では「他のアーティストの曲」だと思って観たら「NMB48かAKB48の曲」ばかりだったのでガッカリでしたが、アイドルとしては至極当然な事だと気がつきました。

おそらくPerfumeやBABYMETALだったら他のアーティスト、しかも海外の曲を言うとは思いますが、それはむしろレアな事で、アイドルとしては「自由過ぎる」大人にとっては困ったちゃんなわけです。

アーティストの証の一つとしては、他の優れたアーティストをカバーして、本物を超える事があると思います。

そのためには広く他のアーティストの曲を日常的に聴いて、そこから優れた曲をピックアップして自分なりに表現者としてのオリジナルなカバーというのが生まれてくるのではないでしょうか?

山本彩はアーティスト指向なので、アイドルとアーティストの間を行ったり来たりしているのではないか?とは思いますが、どうせならアイドルの壁をぶち壊してアーティストの領域に踏み込んでもいいのではないでしょうか?

NMB48ならできる気がします。

【NMB48】山本彩、矢倉楓子、香港国際映画祭に降臨?!

ではでは、きらやん

(Visited 9 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)