【Perfume】Mステ半分見逃してしまった・・・

【Perfume】Mステ半分見逃してしまった・・・

昨夜のMステにPerfumeが出るというので早めに帰宅しました。とは言ってもおそらく最後の方に出るに違いないとゆっくりコーヒーを飲んでからテレビを点けたら、なんとPerfumeが「Pick Me Up」を歌っている最中でした。しまった・・・

スポンサードリンク

Mステの動画

ありました。ですが、すぐに削除されてしまい、仕方が無いので公式のプロモーションビデオを紹介します。

この削除された動画のコメントに「知人からです。Perfumeの弱味は歌唱力だと。歌手としてすすめたのに返す言葉がなかったです。」というのがありました。

たしかに前回MステにPerfumeが出た時に84歳の母に観せると「もっと歌が上手いんかと思うた」と言っていました。あの時は「Relax In The City」でしたので余計にそう思ったのだとは思います。

私としては、Perfumeの歌唱力は従来のものとは異なり、新しい形の歌唱力として提案しているのだと思います。つまり無感情で無機質に歌うことで聴き手にいろいろな解釈をしてもらう。従来の歌唱力だと歌い手の押し付けになってしまうからです。聴き手がクリエーターになるということですね。

アーティストは表現者ですが、何を表現したいかによって表現する手段が変わってきます。例えば、初音ミクの「Tell Your World」を聴いて歌唱力がどうのこうのと言う人は世界中を探しても見当たらないと思います。

にもかかわらず、世界200ヵ国以上に配信され、動画は1000万回以上再生されているわけですから、すでに新しい歌唱力が求められています。それは「伝えたいこと」そのものだと思います。
[ad]

Perfume x ISETAN

この「Pick Me Up」は最初から伊勢丹とのコラボで進められている企画です。Mステに出ている時も伊勢丹の衣装を着ているわけで、単にCMタイアップという次元を超えて伊勢丹というデパートを世界に発信していく広告塔とプロデューサーの役割をPerfumeは担っています。

歌って踊るアーティストから、世界的な知名度を活かしたファッションプロデューサーへと進化しつつあるPerfumeですが、伊勢丹とのコラボというのに最初は違和感を覚えました。

中年オヤジにとっては老舗のデパートというのは遠い存在です。しかも広島には無いので余計にですが、神奈川に住んでいた時には、相模大野や新宿の店舗には元妻の後に付いて行ったことはありました。

スポンサードリンク

やはり三越と比較することが多いですが、今や伊勢丹と三越は合併して同じデパートになりました。企業としては一つになっても、従来の各々のデパートとしてのカラーは継承しているように思われます。

私が三越と比較して感じた伊勢丹は、先進的な企画力が持ち味という点です。三越より若者に人気があるように感じます。Perfumeを単なるCMタイアップという枠を超えて起用しているのは、そういった先進性からかもしれません。

これがもし成功して、伊勢丹が世界中から注目されるデパートに進化できれば、日本と世界がさらに近づくのではないでしょうか?

伊勢丹新宿

まとめ

MIKIKO、中田ヤスタカ、真鍋大度(ライゾマティックス)、関和亮など、ブレークする前からPerfumeを育てたクリエーターたちは、今やPerfumeのおかげで世界的に有名になってしまい、多忙な日々を過ごすことになってしまったようです。

Perfumeがまだブレークする前の「崖っぷち」にいた頃に、こういった今ではそうそうたるクリエーターが本気でPerfumeを応援し支援し続けたのはなぜでしょうか?

私としては、おそらく彼女たちに「可能性」と「将来性」を感じ取ったからだと思います。どこに?と聞かれると、いろいろ想い浮かぶ言葉はありますが、一言で言うと「根性」つまり、「めげない心」が備わっていると感じたからではないでしょうか?

世界的に有名になった証拠があります。海外のコピーユニットの動画を発見しました。しかもよくあるダンスのコピーではありません。巨大なスクリーンにPerfumeのステージ演出と同様にデッカイ顔が映し出されます。素人の域を超えた海外のコピーユニットの存在はPerfumeの世界での知名度を表しています。
この映像は以下の記事で観れます↓↓↓

【Perfume】海外のコピーユニットが凄い!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 39 times, 3 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)