NMB48【山本彩】トップスターとのコラボでさや姉の本当の実力が見えてきた?!

NMB48【山本彩】トップスターとのコラボでさや姉の本当の実力が見えてきた?!

NMB48のキャプテン山本彩が1stアルバム「Rainbow」でついにソロデビューします。10/19からdヒッツで先行配信を開始し10/26発売開始、さらには11月からのツアーに向けたチケット販売が開始されファンには嬉しい季節となりましたが?

スポンサードリンク

シンガーソングライター

作詞・作曲をさや姉が担当した曲です。まさにシンガーソングライターとしてのデビューです。
[MV] 山本彩 「雪恋」short ver.

シンガーソングライターとして目指しているアーティストは、YUIやmiwaや家入レオだと思います。ただし、この3人を見てもそのカラーというかキャラクターはかなり異なっています。山本彩も異なっている。さらに、山本彩がこの3人と決定的に異なるのはダンスが上手いということですね。

私はこれからのシンガーソングライターにはダンスのスキルは必須のような気がしています。それはK-POPの女性グループの動向を見ていると、ソロデビューのタイトル曲がバラードからダンスナンバーに移行しているように感じているからです。

ダンス

「UTAGE」というテレビ番組でさや姉が披露したダンスです。
Dream Ami Aya 山本彩 島袋寛子 CAT’S-EYE 20161004

他の3人は日本のアーティストとしてはかなりダンスが上手い人達ですが、山本彩は負けていないどころか、カッコいいです。これでシンガーソングライターでギターの弾き語りができるわけですから、アイドルというよりアーティストと言った方が似合っていると思います。

365日の紙飛行機は今

さや姉のこの歌は、AKB48としての歌とは別物に感じます。
山本彩ソロ│365日の紙飛行機│ギター

同じ歌ですが、AKB48として歌うとJ-POPとなり、山本彩が歌うとロックバラードになるような気がします。さや姉の歌からはロック魂が感じられるんですよね~、なぜか。背中を押されるというより、ドンと突かれるみたいな・・・

福山雅治とのコラボでも絵になるさや姉

スポンサードリンク

福山雅治は新人の才能を見抜く天才ですが・・・
山本彩 「ひといきつきながら」

そもそもこんな場所に同席していること自体が凄いことですが、なんというか古き良き時代の香りを山本彩には感じます。おそらく70年代80年代の歌がかなり歌えるのではないでしょうか?そういう感性を持っているような気がします。オヤジファンが多いのもうなずけますね。

【Amazon.co.jp限定】Rainbow(初回限定盤 DVD付)(アザージャケット付) CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

「ソロデビューしてもNMB48のキャプテンとしての活動は手を抜かない」と宣言しています。リーダーではなく「キャプテン」と名乗っているのには意味があると思います。どこかの国の船長は、船が沈む事故で乗客を差し置いて自分が先に逃げて助かったようですが、それとは真逆の意味。

こんな動画を見つけました。オーディオなので映像は静止画です。
山本彩 NMBメンバーの魂に火をつける凄まじいかけ声

山本彩は関西弁ですが、AKB48の総監督の横山由依も関西弁で号令を掛けます。日常会話では関西弁、特に京都弁は優しい感じがするのですが、こういう号令とか喧嘩や言い合いの時は逆に怖いですね。ギャップからだとは思うのですが、山本彩や横山由依がそういう役割に抜擢された要因のひとつに関西弁もあるのではないでしょうか?

「多くのニーズは、少ないニーズより優先する。それがロジカル」 by ミスター・スポック
「一人のニーズは、多くのニーズより優先する。それがヒューマン」by キャプテン・カーク

NMB48【山本彩】 初ソロアルバム発売発表の瞬間をYouTubeで紹介?!

ではでは、きらやん

(Visited 242 times, 4 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)