【SCANDAL】日本国内での人気度をGoogle検索数で見ると?!

【SCANDAL】日本国内での人気度をGoogle検索数で見ると?!

SCANDALの人気度を前回は英語表記のキーワードでGoogle検索して見た結果トップでした。今回は日本国内での人気度を見てみたいので、日本語表記のキーワードで検索してみたところ、意外な結果となりました。

日本語表記のキーワードによるGoogle検索数

SCANDALのような英語表記のものはそのまま使うとして、第2キーワードを「グループ」としました。
1. KARA グループ:       2,140,000件
2. Little Glee Monster グループ:  1,770,000件
3. 少女時代 グループ:     1,600,000件
4. ねごと グループ:      1,220,000件
5. モーニング娘。グループ:   1,140,000件
6. AKB48 グループ:      1,110,000件
7. SKE48 グループ:      1,090,000件
8. HKT48 グループ:      1,030,000件
9. ℃-ute グループ:       1,020,000件
10. NMB48 グループ:      1,010,000件

19. SCANDAL グループ:      513,000件

私の想定を遥かに超えた結果となったので、今回は結果のみにします。KARAと少女時代が日本国内でも依然として強い事だけは確認できました。SCANDALの位置は微妙ですね。上位にねごとが居るので国内での戦略次第かもしれません。
[ad]

Youtubeのミュージックビデオの再生回数は?

もうひとつの人気度の指標としてYoutubeのMV再生回数があります。SCANDALのMVの中で再生回数が100万回を超える曲をピックアップしてみました。
1. ピンヒールサーファー:1,923,083回
2. Image:        1,664,208回
3. 太陽スキャンダラス: 1,500,408回
4. HARUKAZE:      1,138,272回

ピンヒールサーファーのMVはおよそSCANDALらしくない映像であり、OLの制服を着てダンスしながら歌うという℃-uteがやりそうなパフォーマンスですね。そこでCDの売上成績を見てみたくなりました。

シングルCDセールス

一番売れたと思われるのは「会わないつもりの、元気でね」で、オリコン週間4位、初動3.2万枚、累計4万枚です。ところが、YoutubeのMVの再生回数は311,111回と遥かに100万回に届いていません。

一方で「ピンヒールサーファー」はオリコン週間9位、初動1.1万枚、累計1.3万枚とCD売上としては最低クラスです。なのにMV再生回数はトップの200万回ほどとなっています。つまりCD売上とMV再生回数は全く連動していません。

広告

かろうじて連動しているのが「太陽スキャンダラス」で、MV再生回数が150万回で、オリコン週間2位、初動3.1万枚、累計3.8万枚ですね。

Youtubeのミュージックビデオはプロモーションの目的でレコード会社が出しているので、再生回数が増えればCDやBlu-ray/DVDの売上に貢献しなければ無意味です。つまり連動する必要があります。

SCANDALのミュージックビデオの作り方に課題がありそうな気がします。ミュージックビデオ自体のクオリティーは高いので、いかにプロモーションできるかがキーなのではないでしょうか?

SCANDAL「大阪城ホール」ライブDVD

Amazon:
SCANDAL OSAKA-JO HALL 2013「Wonderful Tonight」 [DVD]
SCANDAL DVD

まとめ

SCANDALは海外より日本国内での活動やプロモーションに課題があるように思われます。もちろんガールズバンドに限れば、ライバルはねごとぐらいに絞られますが。

新しい道を切り開くのであれば、東京ドームでワンマンライブをやっているガールズグループを目標に活動する必要があるのではないでしょうか?

【SCANDAL】Google検索数に見るガールズグループの人気度とは?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 234 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)