【SCANDAL】ニューアルバム『YELLOW』のリリースと来年のツアー開催を発表!?

【SCANDAL】ニューアルバム『YELLOW』のリリースと来年のツアー開催を発表!?

今回の東名阪アリーナツアーは4万人を動員し、ツアータイトルを『SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」』と銘打ち、メンバー自身も「ワールドツアーから成長して帰ってきたSCANDALの等身大のパフォーマンスを観てもらいたい!」と意気込む ライブとなっている。

スポンサードリンク

M-ON! Pressの記事から引用

2015年、アメリカ・メキシコ・イギリスなどの世界9ヵ国41公演をまわる初の単独ワールドツアーを大成功させ、世界に活動を広げるSCANDAL。

そんなワールドワイドに活躍するSCANDALの初となる“東名阪”アリーナツアーが現在開催中だが、12月23日、メンバーのHARUNA(vo&g)とMAMI(g&vo)の故郷である名古屋・日本ガイシホール公演が行われた。

今回の東名阪アリーナツアーは4万人を動員し、ツアータイトルを『SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」』と銘打ち、メンバー自身も「ワールドツアーから成長して帰ってきたSCANDALの等身大のパフォーマンスを観てもらいたい!」と意気込む ライブとなっている。

2006年に、大阪・京橋のダンススクールで“アーティストになる”という夢をもった中高生の4人の少女が出会い、バンドを結成してから、来年2016年 8月にはバンド結成10周年を迎えるSCANDAL。当時女子高生だったHARUNAとMAMIは、毎週片道約3時間かけて地元・名古屋から電車で大阪に 通いながら練習を重ね、メジャーデビュー後の昨年は横浜アリーナ2DAYSを成功させ、2015年はワールドツアーで世界を飛びまわるアーティストへと成 長している。

そんなHARUNAとMAMIにとっては、かなり感慨深いライブとなった地元・名古屋での日本ガイシホール凱旋公演。MAMIは「物心がつく前から親に連 れられて数々のアーティストのライブを観てきた場所に、こうやって自分がステージに立つ側として帰ってこれてうれしいなって思っています」と喜びを伝え、 HARUNAも「私も幼稚園のときにアイススケートを観に初めてガイシホールに来て、学生になってからもガイシホールの外にあるガラス張りの場所を、鏡に 見立ててダンスの練習もしていたくらい、とても思い出深い場所です。今ここに立っていることが不思議な感覚で……。今日はこんなにみんなに集まってもらっ て本当にうれしいです!」と地元・名古屋に集まった1万人のファンに感謝の言葉を贈った。

ライブが進むなかで、クリスマスのコスプレをしたファンをみつけクリスマスの話になると、毎年、結成してから欠かしたことがないというメンバー同士のクリスマスプレゼント交換の話へ。

「今日、ひと足先にプレゼント交換をしたんです。結成してから毎年…今年で9年目のプレゼント交換になるんだけど、メンバーに喜んでもらえるものをプレゼントしよう! って毎年張り切っていると金額があがってきてしまって…」(HARUNA)
「去年はTOMOMIに足のマッサージ機をもらったんですけど、みんなついに家電をプレゼントするようになってきていたから…(笑)」(RINA/ds&vo)
「今年は、設定金額を1,500円と一気に下げました!!(笑)」(MAMI)

ということで、メンバーは、1,500円を上限に“渋谷からメンバーにいちばん似つかわしくないものを誰が選んでくるか”というテーマに沿った “ケロリンの桶”“手筒花火サイズのクラッカー”など、個性豊かなプレゼントの結果を報告。

HARUNAが「ちなみに私は、MAMIからもらった手筒花火サイズのクラッカーは、さっそく誕生日のスタッフのお祝いも兼ねて今日使ったから、いちばん 使えるプレゼントだった!」と話すと、TOMOMI(b&vo)が「やっぱり1,000円以上するクラッカーは音の鳴りが違うよね!」と会場の笑いを誘っ た。

また、RINAが「今日のSCANDALライブのチケットが取れずに悲しんでいたファンの女の子が、お父さんから早めのクリスマスプレゼントとしてチケッ トをもらったから観にきたよ! っていう報告がSNSからあって、粋なお父さんありがとうございます!」とクリスマスならではのエピソードを披露し、会場 を温かい空気に包んだ。

そしてアンコールでは、ひと足早いSCANDALからのクリスマスサプライズの発表も! HARUNAから「ニューアルバム『YELLOW』が3月2日に リリースされることが決定しました! 4人で1年かけて作りました…やっとみんなに言えて安心した〜!」と、ニューアルバム『YELLOW』が、2016 年3月2日にリリースすることが発表されると、会場には歓喜の歓声が鳴り響いた。

結成10周年イヤーに突入する来年2016年にリリースされる7枚目のアルバム『YELLOW』は、ワールドツアーを経て、言葉の壁をパフォーマンスで乗 り越え、バンドとしてさらに成長したSCANDALの次なるステップを感じさせる期待の新作。デビュー以来、オリジナルアルバムが6作連続オリコン TOP5を記録し、これまで最前線で日本のガールズバンドシーンを牽引してきたSCANDALにとって、世界的にも注目度の高い作品となっている。

また、来年2016年4月から、ニューアルバム『YELLOW』を引っ提げて、日本全国とアジア(香港・台湾)のライブハウスをまわるツアー 「SCANDAL TOUR 2016『YELLOW』」が開催されることも発表。そして、この日の名古屋公演では、ニューアルバム『YELLOW』から、新曲「SUKI-SUKI」 が初披露された。「またみんなで来ようね!」(HARUNA)。メンバーにとっても思い出深くなったであろう名古屋公演は、大盛況のうちに幕を閉じた。

年明け、1月12日・13日には『SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」』のツアー最終地となる東京・日本武道館2DAYS公演を実施。また、メンバーからのクリスマスプレゼントとして、3月2日にリリースされる ニューアルバム『YELLOW』から新曲「SUKI-SUKI」のショートバージョンも公式YouTubeに期間限定で配信されているので、ぜひチェック しよう。


リリース情報

スポンサードリンク

2015.12.23 ON SALE
DVD/Blu-ray『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』

2016.03.02 ON SALE
ALBUM『YELLOW』


番組情報

WOWOWライブ『生中継!SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016「PERFECT WORLD」』
2016/01/13(水)19:00~


ライブ情報

SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」

12/23(水・祝)愛知・日本ガイシホール
2016年
01/12(火)・13(水)東京・日本武道館

SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』
08/21(日)大阪・泉大津フェニックス


SCANDAL OFFICIAL WEBSITE


151225-CI-193001151225-CI-193002151225-CI-193003151225-CI-193004

Blu-rayBlu-ray

DVDDVD

[ad]

SCANDAL “Documentary film 「HELLO WORLD」” [Blu-ray]

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

去年の韓国ライブの様子です。日本の有名なアーティストでもワールドツアーで韓国には行かないことが多くなっていますが、SCANDALはなぜか行きたがらない国にでも平気で飛び込みます。なにせ名前からしてスキャンダルですから・・・
SCANDAL live in Korea

SCANDALの変わっているところは、変わり者が人気があるところですね。つまり、バンドだと普通はボーカルが一番人気になるのですが、SCANDALはボーカルのHARUNAよりドラムのRINAの方が人気があります。さらにその上を行くのがリードギターのMAMI。
SCANDALRINAのニックネームは「リナックス」だったそうで、普通は何のことだかわからないですが、わかる人にはわかる名前です。さすがに今は「リナリー」になったみたいです。MAMIは「マミタス」・・・自分のことを「ボク」と言います。昔は「オイラ」だったそうです。この2人は変わり者ですが人気があります。

関西系のメンバーのバンドなので、テンションは高いし、けっこう笑えますが、本人たちはかなり真面目です。サウンドを聴くとよくわかりますが、音に対するこだわりは半端じゃないです。最近はセルフプロデュースもしていて、それでヒット曲を出しているので、これからが楽しみです。

【SCANDAL】ドキュメンタリー映画のトレーラー公開

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 179 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. We have two types of dropshipping companies, first; “For Free”,
    they pprovide dropshipping programs or services for free
    while the second one is “Paid”, wherein members lik online retailers are required to pay a certain amount to set-up an account with them.
    But obviously the expense is hard on the family budget, with saving
    up for college making things harder and harder to afford.

    Remember that youu cannot sell on the product that you don’t beloeve in.

  2. Youur main venture will be your computer, your internet and your website.
    Carrying branded handbags have become a style statement among millions
    of women all around the world. Customers whho contact us
    after seeing the profile cann leave their information and order with us.

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)