【SCANDAL】人生を変えたこの1曲とは?!(HARUNA/TOMOMI編)

【SCANDAL】人生を変えたこの1曲とは?!(HARUNA/TOMOMI編)

タイトルが大袈裟ですが、トーク番組の「吉田山田のオンガク解放区」にSCANDALが4週連続で出演した時に、各メンバーがテーマに沿って言った「この1曲」を原曲とともに動画で紹介します。今回は前編としてHARUNAとTOMOMIの二人です。

スポンサードリンク

HARUNA編「September」

先ずはSCANDALが出演したトーク番組から。
SCANDAL on TVK ‘Yoshida Yamada no Ongaku Kaihouku’ (HARUNA Part)

Earth,Wind&Fireは70年から80年代に活躍したグループですが、今でも人気が高いです。レコードやCDは9000万枚以上売れているみたいです。私は高校生の頃にビートルズやカーペンターズなどの洋楽のロックを聴いていたので、知ってはいましたがレコードを買った記憶は無いですね。

しかし、社会人になってからおもちゃのようなテクニクスのアナログシンセを買ってからは、電子音楽のグループとして興味を持ちました。チックコリアとリターントゥフォーエバーなどのデジタルシンセを駆使したフュージョンを主に聴いていましたが、R&Bに興味を持ちつつも邦楽(YMOやTM Networkなど)にのめりこんでしまいました。

Earth, Wind & Fire – September

R&Bがまだ確立していない頃の音楽のような気がしますが、ジャズっぽいダンスポップの雰囲気は感じられるので、なんだか最近よく聴く楽曲との共通性みたいなものを感じますね。

TOMOMI編「やさしい気持ち」

次はTOMOMIですが、冒頭でいきなり笑わせてくれます。天然なのかな?
SCANDAL on TVK ‘Yoshida Yamada no Ongaku Kaihouku’ (TOMOMI Part) 

Charaのことはあまり知らないのですが、曲は聴いたことがあります。特にこの「やさしい気持ち」は、Superflyの「やさしい気持ちで」と同じ曲だと勘違いしていた時期があったので、印象に残っていますね。間違えるか!

スポンサードリンク

16.やさしい気持ち chara’s UNION LIVE HOUSE TOUR 2007

ライブも良いのですが、この曲のミュージックビデオは独特の映像美があります。まだ観たことがない方は興味があれば一度観てみてください。おススメです。

YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

トーク番組の中でMCが「SCANDALとのトークはハードルが高い」というような発言をしていましたが、あれはたぶんSCANDALのルックスや喋りがアイドルグループに似ているからではないかと思うのですが・・・

以前に、あるアイドルグループのメンバーに「どんな曲が好きですか?」という質問をしたら、自分たちや系列のグループの曲のみを列挙していました。通常は他のグループというか、世界中の曲の中から選ぶはずですが、おそらくアイドルだと周りの大人たちから教育を受けて発言にも制約があるからだと思います。

SCANDALはアイドルではなく、れっきとしたロックバンドなので、そういった制約は無いわけで、自由に世界中の曲の中から、自分が普段聴いている曲を言えるわけで、それはMCにとっては何が飛び出すかわからないというハードルの高さはあると思います。

しかし、出てくる曲は誰もが知っているようなポピュラーな曲なので、むしろハードルが低いわけで、それよりはアイドルグループの曲の方が私には遥かにハードルが高いような気がします。

アイドルグループとSCANDALの違いは、ライブの冒頭でHARUNAが「SCANDALです!」という、あの告白にも似た強い口調の挨拶が全てを物語っているように思います。

【SCANDAL】東京公演で新曲「テイクミーアウト」初披露?!

ではでは、きらやん

(Visited 177 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)