【SCANDAL】人生を変えたこの1曲とは?!(MAMI/RINA編)

【SCANDAL】人生を変えたこの1曲とは?!(MAMI/RINA編)

前回に引き続いて、トーク番組の「吉田山田のオンガク解放区」にSCANDALが4週連続で出演した時に、各メンバーがテーマに沿って言った「この1曲」を原曲とともに動画で紹介します。今回は後編としてMAMIとRINAの二人です。

スポンサードリンク

MAMI編「Best Of You」

3人目はギターのMAMIです。SCANDALのメンバーの中では最も人気があります。
SCANDAL on TVK ‘Yoshida Yamada no Ongaku Kaihouku’ (MAMI Part)

そうか、MCが前回「SCANDALのトークはハードルが高い」と言っていた意味がわかりました。一般的に知られていないアーティストや楽曲の話題が出ることなのかな?と最初は思ったのですが、今回のテーマ「思い出深い1曲は?」に対して、MAMIの答えは「Foo FightersのBest Of You」でした。

それ自体は有名なバンドの有名な曲(Youtubeの再生回数は8000万回を超えている)なので別にハードルが高いわけではないのですが、その後のトークで、フジロックフェスティバルにSCANDAL全員で行って聴いたBest Of Youが最高だった!と言っているところはたしかにハードルが高そうだと思いました。

Foo Fighters – Best Of You

苗場にはスキーで何回か行きましたが、ロックフェスに行ったことはありません。つまり、深くもないし広くもないわけで、その時々で特定のジャンルの代表的なアーティストの音楽を追及しているような感じです。なのでロックフェス、フジロックはロックだけではなく広いですが、に行って楽しむほどのモチベーションが湧かないわけです。

そういう意味で、SCANDALの場合はおそらく、アーティストや楽曲の知識ではなく、音楽的な経験値としてのハードルが高いのではないでしょうか?

RINA編「1989」

RINAはドラムですが人気が高いです。
SCANDAL on TVK ‘Yoshida Yamada no Ongaku Kaihouku’ (RINA part)

スポンサードリンク

テイラースイフトの「1989」を知らない人は珍しいでしょうね。そういう意味ではハードルは低いですが、やはりトークの中で「曲作りの中で、テイラースイフトの1989よりの音にしてみたり・・・」ドラマーなのにシンセの音作りの話をするわけです。

つまり、音楽プロデューサーの目線で曲を作っているわけで、セルフプロデュースですね。「YELLOW」はもう完全にSCANDALのセルフプロデュースの作品だと思います。ハードルが高いというよりは、クリエーターとしての話になっているということかもしれません。
Taylor Swift – Style

このミュージックビデオの再生回数は4億2千万回を超えています。1曲でなので、アルバム全部を合わせると気が遠くなる数字になりますが、理由のひとつに寿命の長さがあると思います。リリースが2014年10月なので、1年半経ってもランキング上位に居ることになります。

RINAは、こんな世界で最も売れているアルバムから学び盗んでいるところが凄いと思います。王道のやり方だとは思いますが、技術を盗むのは、盗む側にもそれなりの技術が必要なので、そういう最高レベルに目が行くこと自体が優れた資質の持ち主なんだと思いますね。

YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

SCANDALの最近のライブMVを紹介します。
SCANDAL Winter story (LIVE)

ミドルテンポのバラードっぽい曲で好きですが、実は少女時代-テティソにもやはりバラードで同名の曲があります。その曲も好きなのでダブルWinter Storyなのですが、興味があれば以下の記事をご覧ください。

少女時代【テティソ】「Winter Story – Live Aco. ver.」日本語字幕版?!

ではでは、きらやん

(Visited 395 times, 6 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)