【少女時代】60過ぎのオヤジが少女時代にハマる理由とは?!

【少女時代】60過ぎのオヤジが少女時代にハマる理由とは?!

少女時代に60過ぎの私のようなオヤジがハマっています。なぜでしょうか?私が思うに少女時代の楽曲にはクラシックやジャズなどの私が若い頃によく聴いていたジャンルの曲の要素が含まれている気がします。

スポンサードリンク

クラシックの要素

クラシックのそのままの曲を聴くより、現代風にアレンジされた曲のパフォーマンスを聴いた方がわかりやすいと思います。今回はBONDの「Viva」を紹介します。原曲はヴィヴァルディーの「四季」から「冬」です。
Bond Viva Live In Japan

これに対して比較する少女時代の曲は、何でもかまわないのですが「Time Machine」にします。
[HD] SNSD-TIme machine LIVE (sub-español)

ミドルテンポで歌い上げる曲が比較的多く、しかも曲調がレトロです。それが私のような年齢のオヤジの心を惹きつけて離さないのだと思います。
[ad]

BONDのCD+DVD

Amazon:
プレイ・フォー・スマイル(初回限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition
BOND

ジャズの要素

オーソドックスなジャズより、聴きやすくアレンジされたフュージョンの方がわかりやすいと思います。今回はチックコリアとリターントゥフォーエバーの曲の中から「Song to the Pharaoh Kings」を紹介します。長いので前半をカットした動画です。
Song To The Pharaoh Kings

フュージョンと言ってもジャズに変わりはないのでアドリブプレイが含まれていますが、チックコリアは比較的譜面にもとずいて演奏します。

スポンサードリンク

対する少女時代の曲は「The Great Escape」を選んでみました。
The Great Escape SNSD Japan 3rd Tour [DVD]

少女時代は完璧なシンクロが圧感です。このスピード感はフュージョンっぽくないですか?まるで宇宙の彼方に飛んで行ってしまいそうです。このシンクロかつフュージョンっぽさがオヤジにはたまりません。

まとめ

こういったジャンルを私たちはクロスオーバーと呼んでいました。それが言葉を変えて現代に蘇って来ました。「壁をぶち壊せ!」です。クロスオーバーなんてカッコイイ言葉ではなくて、そのまんまがいいです。

過去にも壁をぶち壊して新しいジャンルを築いてきた先輩アーティストが存在します。なぜでしょうか?たいへんなのです。それは新しい価値を創造するには古いものを破壊しなければならないからです。

バランス感覚が必要ではありますが、新しい道ができます。その道には100年後にはあなたの名前が刻まれていると思います。

【KARA】冒険者たち

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 43 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)