【テヨン】「I」を日本語字幕のニコニコ動画で観てみると?!

【テヨン】「I」を日本語字幕のニコニコ動画で観てみると?!

テヨンがリリースした1stアルバム「I」のミュージックビデオには日本語字幕が入っていないので、せっかくテヨン自身が作詞しているのに意味がわかりませんでした。今回は日本語字幕入りのニコニコ動画を紹介します。

スポンサードリンク

[日本語字幕] TAEYEON(テヨン) feat. Verbal Jint – I

私はオフィシャルのMVよりこちらの方が好きです。テヨンが作詞をした歌詞はわかりやすく、視聴者に優しいテヨンの性格がうかがえます。

特徴的なのは、わかりやすい韻の踏み方です。終わりに英語で韻を踏んでいるし、伸ばしたり繰り返したりして、よりわかりやすく美しいです。

[ad]

以下はオフィシャルのMVに日本語字幕と視聴者のコメントが入ったものです。上記と比較すると違いがわかります。特に上記はテヨンが歌っている映像があり、よりリアリティーが感じられます。

以下はアルバムに入っている曲で「U R」です。You areのことですが、この動画も好きです。

これは日本語字幕無しですみません。最後のあたりの二人のテヨンが向き合っている場面で、一つの「I」が二つになって二人の上に移動するという、オフィシャルMVとは逆の演出があります。にくいですね。

私の解釈は、プライベートのテヨンとプロのテヨンが向き合っているという設定だと思います。「I」はテヨンの人格。オフィシャルではプライベートとプロの人格が融合して一つのテヨンという人格を形成しているという意味かなと思います。

一方、この動画では一つの人格が分かれてプライベートとプロになるという、テヨンの二面性を表しているのではないでしょうか? おそらく、テヨンが失言が多いのは、この二つの人格をうまく使い分けられないからだと思います。

正直な性格なのでしょう。私はそれが欠点だとは思いません。生きにくくても正直が一番です。

【k-pop】TAEYEON(Girls’ Generation) – I (feat. Verbal Jint) MusicBank 151009.mp4

スポンサードリンク


韓国の音楽番組MusicBankで歌っているテヨンですが、表情がやや硬いですね。時々テヨンは弱気な性格を見せることがありますが、これも正直なせいかもしれません。心を隠せないというか、それが表現力に繋がっているのかもしれないですね。

Taeyeon – I (feat. Kanto) @ M!Countdown【151008】


テヨンの凄いところは、音源を聴くと完璧パーフェクトだと思えるのに、このようなステージでの生歌を聴くと音源よりもっと上を行っていると思えるところですね。

どんだけ引き出しがあるんだろうと感心してしまいます。MusicBankの黒の衣装から今回は白の衣装に変えて、歌い方もそれに合わせて明るく情熱的に歌っています。たいしたもんだわ。

まとめ

少女時代のテヨンからソロに変わって声も変えているような気がします。スタジオ録音だとそれは簡単だとは思いますが、生放送の番組で一発勝負の時はたいへんな気がします。

こうしてプロのテヨンを視聴者に向けて表現して我々を楽しませ、喜ばせてくれるのですが、ではプライベートなテヨンはどこに居るのでしょうか?

おそらく自ら作詞をして、歌詞の中にプライベートのテヨンが潜んでいるような気がします。この詩には直接表現されているわけではありませんが、世の中の中傷に苦しんだ時が流れて、空を見上げると美しい!

みたいな感じの曲ですね。黒い服と白い服は過去と未来のテヨンの象徴かもしれません。

【少女時代 】テヨン、ソロアルバム 10/7 配信リリース!10/8 CDリリース!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 262 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)