【辻元好美】Bamboo Flute Orchestra「SHAKUHACHI」iTunesワールド1位?!

【辻元好美】Bamboo Flute Orchestra「SHAKUHACHI」iTunesワールド1位?!

辻元好美のBamboo Flute Orchestraがリリースしたアルバム「SHAKUHACHI」がiTunes ワールド部門で1位になりました。11日時点では4位ですが、YouTubeで聴ける3曲をピックアップして紹介します。iTunesやAmazonでも?

スポンサードリンク

ビルボードジャパンの記事から引用

美人尺八奏者がメジャーデビュー! マイケル・ジャクソン/レディー・ガガ/アヴィーチーなど洋楽をカバー
Bamboo Flute Orchestra
Bamboo Flute Orchestra「美人尺八奏者がメジャーデビュー! マイケル・ジャクソン/レディー・ガガ/アヴィーチーなど洋楽をカバー」1枚目/3

世界中のSNSやニュースサイトで話題となっている女性尺八奏者・辻本好美が、ソロプロジェクト“Bamboo Flute Orchestra”名義のアルバム『SHAKUHACHI』で、2016年9月26日にメジャーデビューを飾る。

日本最高峰の難関と言われる、東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻を卒業後、アメリカ、イタリア、フランス、ブラジルなど世界中から招致され、海外での公演歴はすでに25回を数える辻本好美。NHK Worldの『Blends』という番組でマイケル・ジャクソン「SMOOTH CRIMINAL」を演奏したところ、その音楽的な意外性や演奏力はもちろん、端正な容姿でも話題に。その後はNTV『ネプ&イモトの世界番付』にも出演し、同楽曲を演奏した。

デビューアルバム『SHAKUHACHI』は尺八による洋楽カバーアルバムとなっており、マイケル・ジャクソン「SMOOTH CRIMINAL」「BEAT IT」や、テイラー・スウィフト「SHAKE IT OFF」、映画『アナと雪の女王』の「LET IT GO」に加え、レディー・ガガ、ビートルズ、ジャクソンファイブの名曲から、EDM界のカリスマであるアヴィーチー「WAKE ME UP」のカバーも収録される。

サウンドプロデューサーは、西野カナ「トリセツ」のアレンジも手掛けたNaoki Itai。和楽器とPOPS、EDM、SKA、JAZZなどを縦横無尽に融合した“和製洋楽カバーアルバム”として、想像を超える化学反応が楽しめる作品となっている。

SHAKUHACHI

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

スポンサードリンク

先ずはH ZETTRIOとのコラボによるジャズアレンジを2曲聴いてください。
Bamboo Flute Orchestra × H ZETTRIO – The Jackson 5 “ABC” Cover

Bamboo Flute Orchestra × H ZETTRIO – “SCATMAN” Cover

このアルバムはiTunesのワールドアルバム部門で1位を取りました。11日現在は4位ですが、トップ5入りは凄いと思います。
BambooiTunesのアルバムページはこんな感じです。
Bambooプレビューでサクッと聴いてみると良いと思います。ちなみに、Amazonのアルバムページでも試聴できます。
Bambooビートルズやカーペンターズも入っていて、私のようなオジサンにも楽しめる内容です。

最後は和服に戻ってAvicii(アヴィーチー)のカバーです。
Bamboo Flute Orchestra – Avicii “Wake Me Up” Cover

尺八は日本の音楽のスケールに合わせて穴が空けてあるのでしょうが、それで西洋音楽のスケールで演奏するというのはけっこう無茶な話なのだと思います。バイオリンのようにフレットの無い弦楽器ならどんなスケールでも弾けますが、どうやって弾いているのか興味が湧いてきました。

その世界での常識外なことは、特に伝統的な文化の中では暗黙の禁じ手となっていることが多いと思います。それをぶち壊して新しい世界を創る人を「ファースト・ペンギン」と呼ぶそうです。朝ドラの受け売りですが、尺八に限らず、あらゆる楽器や歌やダンスにも通用することではないでしょうか?

「自由は、不自由さから生まれる」

【辻本好美】“尺八奏者”、Bamboo Flute Orchestraとしてメジャーデビュー?!

ではでは、きらやん

(Visited 87 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)