【3D VR】AKB48が360°VR動画プロモーション撮影に初挑戦!舞台裏に密着取材?!

AKB48 3DVR

7/2(土)の12:00から約11時間にわたり、日本テレビ系列にて生放送される「THE MUSIC DAY 夏のはじまり。」に出演するAKB48グループが、番組のPRのため、YouTubeとFacebook限定配信の360度VR映像の撮影に初挑戦しました。 今回はその舞台裏と、実際に制作に携わった製作陣のインタビューを交えてお送りします。

SENSORSの記事から引用

7/2(土)の12:00から約11時間にわたり、日本テレビ系列にて生放送される「THE MUSIC DAY 夏のはじまり。」に出演するAKB48グループが、番組のPRのため、YouTubeとFacebook限定配信の360度VR映像の撮影に初挑戦した。 今回はその舞台裏と、実際に制作に携わった製作陣のインタビューを交えてお送りする。

画像は加工前のもの。
アプリを通して見ると、まるでメンバーに囲まれているかのような体験ができる。

■360度動画は、メンバー全員が常に映るということ

都内のスタジオにて行われる事となった今回の撮影。THE MUSIC DAYのスタッフと、日本テレビ技術開発部のメンバーで、初の試みとなる360度撮影のセッティングを行っていた。 360度全ての方向が映るカメラは、普段映らないところまで写ってしまうことになる。カメラの位置、照明など、入念にセッティングをし、いざ撮影へ。

今回の撮影に参加したのは、AKB48選抜総選挙で見事1位を獲得した指原莉乃、総監督として現場を仕切る横山由依、そして渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩、柏木由紀、宮脇咲良、須田亜香里、島崎遥香、兒玉遥、武藤十夢、北原里英、向井地美音、岡田奈々、高橋朱里、にゃんにゃん仮面(小嶋陽菜)。先日行われた選抜総選挙の1位〜16位にランクインを果たした選抜メンバー総勢16人だ。AKB48、SKE48、NMB48、HKT48のそれぞれのチームが7/2(土)の「THE MUSIC DAY」の生放送で披露する楽曲について、このYouTubeとFacebook限定公開動画で予告をすることになっている。

360度どこでも映る撮影方法に参加するのは、AKB48グループのメンバーも今回が初だという。初めて見る360度動画に驚きを隠せない様子だった。撮影スタッフから「360度動画はメンバー全員が写るので、逆に視聴者も見たいメンバーだけをずっと見ることができます。」と伝えられ、「とにかくアピールをすればいいんですね!」と俄然やる気を見せていた。

初めての360度撮影にもかかわらず、戸惑うことなく撮影に応じていた。

360度撮影中はスタッフも映り込まないように全員スタジオの外へ退散。メンバーだけで撮影を行う。回数を重ねるにつれ、次第に360度撮影の感覚をつかんだようで、スタジオからは楽しそうに撮影をする声が伝わってきた。

「こんな風になってるんですね」と撮影した映像を確認する横山由依。(写真左)

撮影の合間には、横山由依が「もっと自由に動いた方が楽しい感じがする。全部映るので、上下左右自由に動いて!」と、360度撮影の特性を一瞬で理解し、総監督としてメンバーに指示をしていた。メンバーもそれに応え、縦横無尽にスタジオを駆け回っていた。

初の撮影に挑戦した横山総監督は「360度どこにいても映るということで、全く気を抜けませんでした! それぞれが自分のタイミングで動き回ったりと、普段のコメント収録とは一味違っていつも以上に楽しめました!」と撮影を振り返っていた。 その様子はぜひYouTubeとFacebook限定配信の360度動画でお楽しみいただきたい。 360度メンバー全員を見渡せる新体験と、AKB48グループのファンには嬉しい発表が満載のものとなっている。

■360度動画の持つ可能性とは。製作陣にインタビュー

立ち位置を確認するスタッフ。普段とは全く違うセッティングも難なくこなしていた。

今回の撮影で使用したRICOH THETA S。手軽に360度撮影を行うことができる。

手元のiPadで写り具合を確認する。全員の顔がきちんと照らせるように スタジオの照明器具を何度も微調整していた。

今回の企画は、日本テレビ内で技術開発を行い、新たなサービスやビジネスを生んでいくことを目的とする技術開発部によって実現されたものだ。テレビ局として、映像を取り巻く環境が目まぐるしく移り変わる時代に、テクノロジーをどのように活用していくのだろうか。日本テレビ技術統括局技術開発部のメンバー(中西亮太、藤原将展、川上皓平)に聞いた。

左から日本テレビ技術統括局技術開発部の中西亮太、藤原将展、川上皓平

–今回の360度撮影のように、新しい技術をテレビ局が試していくことについて、どのように考えていますか?

中西:
全周囲映るということは、視聴者の方にとっても非常にインパクトのあること。そういった新しい技術を使って、視聴者に新しい驚きを届けていくという試み自体に意味があると思っています。 今回は番組のPRという形で普段の研究を生かすことができ、とても良かったと感じています。
川上:
テレビと聞くと、これまでは画面のついた四角い箱で、ある一方向を切り取るということしかできないものだと考えられていました。しかし撮影技術の進歩とともに現れた、360度どこでも写すことのできるテクノロジーは、今回はまずYouTubeとFacebookでの公開ですが、テレビが表現できるものの可能性自体を広げていくことになるかもしれないと考えています。
藤原:
360度動画は以前から私たちの所属する技術開発部で研究してきたことでもあったので、今回実際に一つのコンテンツを作ることができたのはとても嬉しかったです。 将来的にはもっと高解像度にし、画質をあげていくということだったり、ライブ配信などが出来ていければいいと考えています。これからもテクノロジーの持つ可能性を信じて取り組んでいきたいと思います。

続いて、阿部聡ディレクターにもこの動画の狙いを聞いた。

阿部:
放送前のテレビ番組を告知するPR動画は、現在WEB上でも多く展開されております。その中でも「目を引くもの」「心を掴むもの」として、全天周囲カメラを用いたPR動画を選択しました。 撮影対象はAKB48グループ。各メンバーを隈なく映し出す、360度動画の視聴アングルは無限。結果「何度観ても楽しめる動画コンテンツ」となり、番組の認知度もあげる良いPR動画になると考えました。 今後の反響も伺いつつですが、地上波テレビ番組を作る番組スタッフの思考で新たな活用法を見いだしていければと考えております。

AKB48グループの選抜メンバーが全力ではしゃぐ様子を、気鋭のテクノロジーによって楽しむことのできるこちらのYouTubeとFacebook限定配信動画は6/25より順次配信されていく。 スマホのYouTubeアプリ、webブラウザどちらからでも気軽に体験できる。ぜひ試してみてはいかがだろうか。

ブラウザーへの埋め込み動画では360°VRにならない場合は、スタート後に右下のYouTubeボタンをクリックして、YouTubeでご覧ください。

※モバイルブラウザの方は最新版のYouTubeアプリでご覧ください。

詳しくは番組HP、Facebookへ
「THE MUSIC DAY 夏のはじまり」
番組HP : http://www.ntv.co.jp/musicday/
番組Facebook : https://www.facebook.com/THEMUSICDAY

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

360°VRを観るには、モバイルではYouTubeアプリの最新版が必要です。従来はAndroid版のみの対応でしたが、最近はiOS版も対応しました。ただし、古いAndroid/iOSだとYouTubeアプリを最新版にアップデートできない場合があるようです。

【3D VR】昔使っていたスマホではYoutubeを最新版にできない?!

スタート後に映像をタップして右下に現れるメガネボタンをタップすると3D VRの映像になります。
360VR AKB483DVR AKB48この状態で、Google仕様のスマホ版3Dゴーグル(立体メガネ)にセットして観ると、立体的に360度の視界でグルグル回りながらAKB48グループのメンバーが見渡せます。音はイヤフォンか外部スピーカーで聴くと良いですね。

3D VR

3D VR

私はAmazonで1,000円くらいで買ったダンボール製で組み立て式の簡易型を持っていますが、3,000円ほど出せば完成品で各種調整ができる標準的なものがあります。

VRゴーグル

デスクトップのブラウザーで観る場合は、Google Chromeで観れますが、私の場合はWindows 10だとChromeでは360°VRになりませんでした。その代わりに、Edgeで360°VRで観れました。Chromeでうまく観れない場合はお試しください。

3D VRや360°VRのコンテンツはまだデモ的なものが多く、今回のようなプロモーション映像や、まとまった内容の動画は数少ないです。とは言っても数としてはかなり存在しており、特に体験型のものは面白いと思います。AKB48グループのように大人数のメンバーの場合は360°VRのコンテンツは適していると感じました。

【360°VR】K-POPガールズグループのYoutube 3D VR動画とは?!

ではでは、きらやん

(Visited 83 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする