【BoA】「メリクリ」が大反響!日本のチャートで急浮上!?

BoA

BoAが日本の年末歌謡祭の一つである「FNS歌謡祭」に出演して歌った「メリクリ」が、クリスマスシーズンを迎えた日本で再び人気を博している。なんと11年前に発売されたこの歌が、日本iTunesチャートで23位にランクインし、人々を驚かせている。

Kstyleの記事から引用

歌手BoAが日本の年末歌謡祭の一つである「FNS歌謡祭」に出演して歌った「メリクリ」が、クリスマスシーズンを迎えた日本で再び人気を博している。なんと11年前に発売されたこの歌が、日本iTunesチャートで23位にランクインし、人々を驚かせている。

2日、BoAはフジテレビの「FNS歌謡祭」に出演した。日本の地上波番組の年末歌謡祭に韓国の歌手が出演するのは3年ぶりのことだ。日本で韓流ブームが起こる前、15歳の年齢で日本に行き、不断の努力で日本の音楽界のトップに立ったBoAだからこそ可能なことだった。

BoAはこの日、歌手華原朋美とデュエットで自身のヒット曲「メリクリ」を歌った。「クリスマスソングスペシャルメドレー」コーナーにピッタリな選曲だった。

そ して放送後、面白い現象が起きた。BoAが日本最大のポータルサイト「Yahoo Japan」のリアルタイム検索ワード10位内にランクインし、11年前に発売された「メリクリ」がiTunesチャート23位に上がったのだ。また日本 のネット上ではBoAと「メリクリ」が話題を集めている。

「メリクリ」は、「メリークリスマス」の略語だ。BoAの全盛期だった2004 年12月にシングルとして発売され、オリコンチャートの週間ランキングで5位となった。順位だけを見ると、BoAのほかのヒット曲に比べて大きな成果では ないように思えるが、この曲こそBoAのコアだと言える。日本でクリスマスソングとして定着し、毎年年末のたびにこの曲を聴いているからだ。

「日本人が好きなクリスマスソング」ベスト10にはいつもこの曲が入っている。特に、この曲は20~30代の日本人女性に大きく愛されており、学生時代によく聴いたこの歌を相変わらずカラオケでよく歌うという女性は少なくないという。

日 本では年末シーズンになると「メリクリ」がチャートにランクインする現象が起こる。数日、あるいは数ヶ月前に発売された曲で埋められたチャートに、11年 前に発売された曲が上がっているのだ。韓国で春になるとBusker Buskerの「桜エンディング」がチャートにランクインするのと似ている。

今 年はBoAの「FNS歌謡祭」出演が起爆剤になり、「メリクリ」がより大きな関心を受けている。BoAが日本でもっと活発な活動を繰り広げてほしいという 日本の音楽ファンの愛情のこもった訴えも目立つ。デビュー15周年を迎えたBoAは、このように相変わらず日本で愛されていた。

[ad]

BoA THE LIVE “X’mas” [DVD]

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

日本語の曲なので、日本語字幕版の動画がなかなか見当たらなかったのですが、デュエット曲が見つかりましたので紹介します。日本を代表する歌唱力の夏川りみと比べてもBoAは、少なくともこの曲では勝っていますね。凄いです・・・
[071124]BoA~メリクリ

11年前の曲が、この季節になると一躍今の曲を掻き分けて浮上してくる様は、まさしくサブマリンクリスマスソングと言いたいですね。それは「普遍性」のある曲だからだと思います。しかし、今のBoAが歌うからこそ、脚光を浴びるわけです。

それは、「変化する普遍性」ですね。常に新しい何かを追求する心が導いた現象と言えます。強い心、優しい心、前向きな心、そういうBoAの心がこの歌に投影されているのかもしれません。それにしても、上手いです。心が痺れます。音楽は「魂の叫び」。

【福原美穂】NewEP『Something New』をリリース !?

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 129 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする