【家入レオ】大原櫻子 新たなスターがシーン照らす“月と太陽” ?!

家入レオ

新たなスターが長らく生まれなかった女性ソロアーティスト…そんな状況下において、圧倒的な存在感を放ちながら着々と人気を集めてきた女性アーティストが2人。先月、Zepp Tokyoにて互いに初となるツーマンライブを開催。その2人の名前は、家入レオと大原櫻子。

ビルボードジャパンの記事から引用

「音楽シーン不況」と囁かれるようになってから久しいが、それに伴って新たなスターが長らく生まれなかった女性ソロアーティストのシーンに2015年、ふたつの光が射し始めていることはご存知だろうか?

<アイドル/バンド/男性ソロアーティストのシーンには新星現るも>

新たなスターが長らく生まれなかった女性ソロアーティスト……という書き方をするとソレはどのジャンルにも言えたことではないかと思われるかもし れないが、チャートの大半を占めているアイドルシーンからはテレビを賑わすレベルの国民的タレントが続々と誕生しているし、バンド勢もテレビコマーシャル や映画主題歌の多くを手掛け、若手も軒並み日本武道館ワンマンライブを実現。少し前まではブレイクが難しいとされていた男性ソロアーティストに関しても、 星野源や米津玄師などの台頭を受け、その後を続くアーティスト育成に各社躍起になっている。

そんな「不況、不況」と言われながらも新時代のスターやポップアイコンを生んできた各シーンの中で、数年前まで日本の音楽シーンを牽引するアー ティストが常に誕生していた女性ソロアーティストのシーンは、ここ数年「新時代の歌姫」や「新世代のポップアイコン」を生み出せないでいた。

<熱狂を生んだ家入レオ×大原櫻子>

そんな状況下において、圧倒的な存在感を放ちながら着々と人気を集めてきた女性アーティストが2人。先月、Zepp Tokyoにて互いに初となるツーマンライブを開催。その2人の名前は、家入レオと大原櫻子。このライブは2人が同じビクターエンタテインメント所属アー ティストであることから【ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 2 家入レオ × 大原櫻子】と題して行われたのだが、そこで響き渡る歓声は完全にスターに対してのソレ。姿が見えただけで、声が聴こえただけで、その一挙手一投足に大歓声 をあげる。人気ドラマ『恋仲』の主題歌×出演者の間柄であることから最後に2人で歌唱した「君がくれた夏」には、涙を流しながら共にシンガロングするファ ンたちの姿も。

家入レオも大原櫻子も人気ある女性アーティストであることは知っていたが、老若男女が2人の声や姿や曲に熱狂しながら涙する。ファンにとって圧倒的に無くてはならない存在、自分の人生を豊かに彩る存在、すなわちスターの領域へと踏み込んでいた事実には驚かされた。

<更なるブレイクを予感させ続ける2人は稀少な存在>

家入レオ
家入レオは、10代の頃、葛藤や痛みを歌にしてきた。しかしファンと対峙していく中で「守りたいものができたから、大人になろう」と決意(http://bit.ly/1ffuaHK) し、近年はよりリスナーが寄り添える歌を届けるようになり、ライブではナチュラルボーンロックスターとも言うべき熱いステージを繰り広げ、現代の音楽シー ンにおいて唯一無二の存在となっている。結果、前述した熱狂もそうだが、Billboard JAPAN Hot100にてあの福山雅治を抑えて首位に輝く(http://bit.ly/1M3kuzD)という、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たしていることが証明されている。

家入レオ
一方、大原櫻子は、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』主演&挿入歌デビューで一気に注目を集めたものの、まだ当時はここまで熱狂する人は少な かったと思うが、地道に公の場に登場し、その天性の突き抜けるボーカルを響かせ続けてきた効果であろうか、単に「櫻子ちゃんが好き」「カワイイ!」という 次元を超えて、彼女の音楽や笑顔を生活の糧や軸にしていることが分かる、愛情に溢れまくった観客のレスポンスを前述のライブでも生んでいた。その“稀代の ポップスター候補”ぶりは、数え切れないほどのメディア出演やタイアップにも繋がっており、その求心力は前述のスーパースターを凌ぐ勢いだ。

長らく新たなスターが生まれなかったシーンを照らす“月と太陽”。更なるブレイクを予感させ続ける2人は稀少な存在ゆえ、ぜひその動向に注目してほしい。

[ad]

タイトル未定 (初回限定盤A) (CD+DVD) Single, CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

EDMリミックスバージョンの家入レオ「君がくれた夏」です。

もちろんオリジナルソングは良いですが、優れた歌というのは、例えばバッハの曲をジャズアレンジしても良い曲になるのと同じように、普遍性がある曲はリミックスで威力を発揮します。家入レオの歌はそんな曲だと思います。彼女はEDMに興味は無いでしょうが・・・

大原櫻子 as 小枝理子 – ちっぽけな愛のうた(Short ver.) <映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』>

このショートムービーのYoutube再生回数はもうすぐ1000万回を超えます。家入レオのショートムービーはすでに超えています。日本のアーティストで1000万回を超えるMVを持っている人はそんなに居ません。

特にソロの女性アーティストでバラードとなると、数えるくらいかもしれません。大原櫻子が19歳、家入レオが20歳。私はこういう若者を称して、いつもオンタリオ湖のようだと呼んでいます。「向こう岸が見えない」

サラリーマン時代に、私のグループに新入社員が配属されて、早く戦力にしなければならないので、必死に指導するわけですが、そんな中で、「瞳は摩周湖のように澄んでいて、底が見えない」「可能性はオンタリオ湖のようだ」と比喩した若者が居ました。

アメリカのサンノゼに行って、アップルのWWDCという世界的な技術セミナーにいっしょに参加し、スティーブジョブズのキーノートを聴きました。そして彼に言いました。「現代のプレゼンとはああいうのを言うんだよ」と。

その彼は、一人で新しいOSであったMacOSXのプリンタードライバーを独力で開発し、周囲を驚かせました。そしてそれを部長が数人も出席する会議でプレゼンし、拍手喝采を浴びました。若手社員のプレゼンとしては異例のことでした。

私は作りたくても作れない製品の開発を新入社員に託しました。それは一種の賭けですが、周囲の反対を押し切ってでもそういう決断は時には必要です。若者の可能性に賭けてみる。それが中年オヤジができる唯一のことなのかもしれません。そして影で応援し見守る。

(頑張れ!)

【家入レオ】百田夏菜子&松岡茉優との同級生トーク!?

ではでは、きらやん

[ad]

(Visited 113 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする