【JY】3rd Single ティーザー映像公開!日本の音楽シーンを変える?!

JY

JYが3rd シングル曲をリリースするのに先立ってティーザー映像を公開したので紹介します。2nd シングル曲の「好きな人がいること」は先行配信で12冠を達成し、YouTubeのMV再生回数は1,500万回を突破。快進撃の秘密とは?

ビルボードジャパンの記事から抜粋を引用

景気のいい話が聞こえてこないのは音楽業界だけではない。テレビドラマの世界でも、低迷ぶりが甚だしい。調子がいいのはNHKの連ドラや大河ドラマくらいで、民放は軒並み大苦戦。ドラマ枠自体がどんどん縮小されているという現状だ。

ドラマのタイアップというと、フジテレビの月曜21時枠、いわゆる「月9」は、一昔前までは視聴率も安泰でヒットを保証されていた。しかし、昨今は回を重ねるごとにドラマ自体は視聴率最低記録を更新するほどパッとしない。とはいえ、主題歌に関してはなかなか健闘しているようだ。この1年を振り返っても、back number、手嶌葵、藤原さくらと、ネームバリューに頼らずにロングセラーとなるスマッシュヒットを出してきた。7月から9月のクールにおける、JY「好きな人がいること」もそんな一曲といえる(【表1】)。JY【表1】ビルボードジャパン チャートインサイト:JY「好きな人がいること」

ドラマ自体は好調とは言い難かったが、この曲に関しては蜷川実花が手がけたミュージックビデオが公開されてすぐに動画再生数が上位に食い込み、今週も2位をキープ(赤のグラフ)。元KARAだけに、おそらく韓国からのアクセスも相当あったはずで、映像の効果は大きかったようだ。レンタルと直結したルックアップ(CD読み取り数)の急上昇も後押しし(オレンジのグラフ)、今週は3位まで上昇した。ドラマとはまた別の要素が、ヒットに加担したことは間違いないだろう。

好きな人がいること(初回生産限定盤)(DVD付) Single, CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

JYの2ndシングル曲の「好きな人がいること」が予想外のヒットとなり、3rdシングル曲のティーザー映像が早くも公開されたので紹介します。
JY 3rd Single ティザー映像

日本の音楽市場では今でもCDが売れることがビジネスとしての必要条件ですが、JYの今回のヒットはどうもそこから外れたところでビジネスを展開しているように思われます。

先ず、CDの発売に先立って配信を先行させ、同時に強力なミュージックビデをYouTubeに公開するという、インターネットを活用したバーチャル戦略が功を奏したと言えます。この分野では日本より韓国が進んでいて、JYが韓国人であることと無関係では無いと思います。

さらに、知英とJYのキャラクターのコラボとでも言うべき、知英の女優としての評価や、写真集、そしてラジオ番組の「知英の季節」から得た鮮度の高い若者の心情を歌に反映させる、など多面的なJY像から生まれた1曲だと思います。

今話題のダンサーの菅原小春がこんなことを言っています。
【TDK CM】 菅原小春 インタビュー

個性的な人物像が今のエンターテインメントには不可欠ですが、菅原小春はさらに、日常的な生活の中で多くの「カラー」を取り込むことが必要だと指摘しています。一人の人間の中に多面的な要素が必要だと。

私は技術者ですが、サラリーマン時代には「T字型人間であれ」と説いていました。間口が広く、かつ高い専門性を有する人間のことですが、菅原小春が言っている「多様なカラー」と共通するものがあります。

知英のラジオ番組「知英の季節」では、視聴者と直接電話で会話して悩み相談をしていますが、知英はめちゃくちゃ前向きでサバサバしていると感じます。いわゆる「男前」。男前の代表格に松たか子が居ますが、松たか子が歌うYouTubeの「レット・イット・ゴー」の再生回数は1億2千万回を超えています。
『アナと雪の女王 MovieNEX』レット・イット・ゴー ~ありのままで~/エルサ(松たか子)<日本語歌詞付 Ver.>

ディズニーだからじゃないか、と言われるかもしれませんが、私は誰が歌ってもヒットしたとは思えません。松たか子の「レット・イット・ゴー」はオンリーワンだと思います。彼女は典型的なT字型人間で、日本舞踊の名取でもあります。もちろん女優だけでなく、シンガーソングライターとしても活躍しています。

私にはJYはT字型人間としての理想像があるような気がします。彼女の素晴らしさは「石橋を叩いて渡る」努力を楽しんでいるところです。私は「石橋を叩いて渡る」ことで周りからバカにされていましたが、カメはウサギに勝てると今でも信じています。

【JY】2ndシングルは桐谷美玲主演月9ドラマ「好きな人がいること」主題歌?!

ではでは、きらやん

(Visited 71 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする