【KARA】アルバム「Girl's Story」は初日4位と微妙?!

KARA KARA

昔はアルバムを先に出して、その中から選んでシングルカットするというのが一般的でしたが、今は先にシングルを出して後からアルバムを出すので楽しみが半減しました。一方でシングルからアルバムを占うことができるので、今回は女性アイドルグループのシングルランキングを振り返ってみます。

広告

KARA、少女時代、きゃりー、ももクロのシングル売上の推移

Perfumeではなくきゃりーぱみゅぱみゅなのはあまり深読みしないでください。見つけたグラフは以下です。

女性アイドルグループのシングル売上推移

全体的に見るとKARAがシングルの売上ではトップです。しかし、最近の傾向としてももクロが急激に売上を伸ばしており勢いを感じます。ここには表示されていませんが、Perfumeは2008年以降コンスタントに10万枚程度を売り上げていて、16枚中11枚が2位で全て3位以内という安定感と堅実さを感じます。
ももクロ

2015年上半期の結果

発売された各アーティスト別のシングル売上枚数とオリコン週間ランキングの数字です。
ももクロ: 2015年1月28日発売 夢の浮世に咲いてみな 74046枚 2位
ももクロ: 2015年3月11日発売 青春譜        79320枚 4位
ももクロ: 2015年4月29日発売 Zの誓い       49747枚 4位
Perfume: 2015年4月29日発売 Relax In The City/P.M.U. 70018枚 2位
KARA:  2015年5月 5日発売 サマージック他     52496枚 2位
少女時代: 2015年4月22日発売 Catch Me If You Can (20835枚)8位 初動
少女時代

少女時代の売上枚数はなぜか累計データが取れなかったので初動を参考に入れました。このシングルは6月4日に圏外から3位に浮上しており、不思議な動きをしています。現在は50位にも入っていません。
[ad]

上半期の結果からわかること

KARAは5月の連休中にサマージックをリリースしましたが、オリコン2位で累計5万枚を売り上げているので、そこそこの出来だったのではないでしょうか? 少女時代のCatch Me If You Canが8位とランクを大幅に落としているので、日本のCD市場での戦い方の難しさが浮き彫りになった形ですね。

ももクロが公約通り半年内にシングルを3つリリースしました。コンスタントに5万枚以上を売上げオリコン4位をキープしているので、Perfume同様安定した堅実なアーティストとして定着した感があります。PVを見ても一目でももクロとわかるオンリーワンのイメージを確立していますし、今後が期待できます。

Perfumeは7万枚で2位と目立たないですが、それを2008年からコンスタントに続けてきているという安定感と堅実さが凄いです。映像作品が目立ちますが、楽曲のクオリティーの高さも耳の肥えたユーザーに評価されているのだと思います。
Perfume

まとめ

KARAの日本向けCDジャケットの写真を最初に観た時の印象が「あれ?A Pink?」でした。明らかに韓国向けと日本向けでイメージを変えてきていますね。日本向けは従来の個性が際立った可愛らしさに、今回からは「妖精」っぽい清楚さが加わって日本的な色っぽさを感じます。

デイリーで4位だった今回のアルバムですが、週間ではどうなるか楽しみです。熱烈なファンではない層にも広く売れそうな予感のするアルバムだと思います。

2015年6月17日発売のKARAのニューアルバムの行方をランキングから占います↓↓↓

【KARA】アルバムランキングKARA今後を占ってみた

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 297 times, 1 visits today)

コメント