【島崎遥香】「ぱるる」と「ジェシカ」?!

ぱるるとジェシカ

ぱるること島崎遥香を意識し始めたのは、2016年の「世界で最も美しい顔100人」の中にAKB48のメンバーが入っていると知ってからでした。それからぱるるのYouTubeを観始めましたが、元少女時代のジェシカと被るものを感じたので紹介します。

ぱるるとジェシカの共通点

ぱるると言えば「塩対応」で有名でしたが、私の感覚では若い女性が見知らぬ男性との握手を強要されること自体が不自然で、一般の女性なら「塩対応」どころか拒絶すると思います。ぱるるはアイドルとしてプロの対応が求められるので非難されていたのではないかと思います。

一方のジェシカは「氷姫」と呼ばれていたのですが、これもアイドルとして愛嬌を振り撒くことをしなかったからそう呼ばれていました。元々はアメリカで育った韓国系アメリカ人なので、握手は何とも思わないでしょうが、別の理由で拒絶したと思われます。

概略プロフィール

ぱるる:
・22歳、2009年から芸能活動開始
・女優、歌手
・159cm、A型
・女性タレントCM出演社数:3位(12社)でAKB48ではトップ
・AKB48センター、映画主演、ドラマ主演などを経験済
・2016年紅白選抜:3位(AKB48グループ)
・2016年「世界で最も美しい顔100人」:56位(最高50位)
・好きな女優:綾瀬はるか
・恩人:指原莉乃(HKT48)
・2016年12月31日AKB48を卒業(脱退)

ジェシカ:
・27歳、2007年に少女時代でデビュー(練習生7年)
・ファッション・デザイナー、歌手、女優
・163cm、B型
・少女時代メインボーカル、ドラマ主演、ミュージカル主演などを経験済
・2012年「世界で最も美しい顔100人」:5位(最高)
・2016年(2015年間)韓国芸能人年収:5位(推定1億円)
・好きな言葉:「follow my HEART」(心の向くままに)
・2014年8月ファッションブランド「BLANC&ECLARE」設立
・2014年9月30日少女時代を脱退、2015年8月6日SMとの契約を終了

ぱるるがセンターを務めた代表曲とは?

【MV full】 僕たちは戦わない / AKB48[公式]

この人は映画に向いているような気がします。クールビューティーなところもそうですが、綾瀬はるかが好きだというのは、単に美人だからという理由からではないはずですし、同じ「はるか」だからでもないと思います。

SFやファンタジーから「ゆるゆる」なコメディーまでを全身全霊で演技する広島が誇る世界的な女優です。そういう女優をリスペクトしていること自体がぱるるの根底に惹きつけられる何かが潜んでいるからではないでしょうか?

ジェシカのソロとしての最新曲とは?

[MV] ジェシカ JESSICA – WONDERLAND(日本語字幕)

ジェシカは少女時代の中では優等生ではなく問題児でもない、ユニークな存在だったようです。Wikipediaからエピソードについての記述を引用します。

  • 愛称は「シカ」。デビュー当時は見た目のイメージから「氷姫 (Ice Princess)」というキャッチフレーズがつけられたが、本人は「女性には少し近寄り難い感じがなければならないので、嫌いではない」と語っている。その堂々とした態度が軍隊の兵長を彷彿とさせることから「シカ兵長」と呼ばれることもある。また、”氷の女王”から「シカ様」という愛称もつけられている
  • 仕事のONとOFFの切り替えがはっきりしている。舞台での仕事では体力的にきつくてもきちんとこなし、プロフェッショナル精神が強い一方、バラエティやドキュメンタリー番組では、話を聞かずによそ見をしたり、一人で勝手にどこかに行ったり、休憩したりする姿がよく見られる。ダラダラとした歩きかたをするので、少女時代のメンバーには、スヨンに「後ろから見たら男だ」と言われたことがある。
  • 睡眠時間が非常に長いため「居眠りシカ」と呼ばれている。少女時代メンバーの中では最も起きるのが遅いといわれていた。番組の撮影中でも、休み時間が少しでもあるとどこかで隠れて寝ていることがよくある。ジェシカは「休日は16時間以上寝る」「仕事に遅刻しそうな時は別のメンバーにベッドから投げ落とされる」と語っている。少女時代のソヒョンが発案した「起床1分遅れるごとに罰金を課すルール」によく違反し、メンバーで一番多く罰金を払ったといわれている。

劇場霊 スタンダード・エディション [Blu-ray]

まとめ

集団行動に馴染めない人は、どこか「自分に正直に生きる」ものを感じます。年が経つとそれは評価されるようになりますが、最初は周囲からマイペースだとかわがままだとか言われて嫌われることが多いと思います。

しかし、世界を見渡してみると、マドンナが優等生だったかと言えばそうではないですが、世界中を敵に回しても指を立てる勇気があります。アーティストというのはどこかそういった体制に反発し世の中を意識改革するようなところがあるように思えます。

もちろん、マドンナもレディー・ガガもテイラー・スイフトも裕福な家庭に生まれ箱入り娘として育っているので、世間知らずな面があるのかもしれないですが、そもそもアイドルとして頂点近くまで上り詰めたぱるるは世間を知りつつも一般人がとても経験できない世界を経験した「選ばれし人」だと思います。

世界中を敵に回しても指を立てる勇気を出してがんばって欲しいと思います。そうすれば、世界中を敵に回しても守ってくれる人がきっと現れるに違いありません。

AKB48【横山由依】6月26日「情熱大陸」~第2代リーダー(総監督)?!

ではでは、きらやん

(Visited 249 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする