【Amazon】FireタブレットでPerfumeと最新のK-POPを聴くには?!

Perfume

コスパ最強のタブレット「Amazon Fire 7インチ 8MB」ですが、iOSやAndroidと比べると実用的な音楽アプリが少ないので、Spotifyアプリに無料USアカウントを登録してPerfumeや最新のK-POPを聴いてみようという企画ですが?

今回の企画の目的

Amazon Fireタブレットで音楽ストリーミング・アプリとしてSpotifyを使って、日本では聴きにくいPerfumeや最新のK-POP(今回はApinkの「Pink Up」)を無料USアカウントを登録して聴けるようにします。

もちろん無料JPアカウントを登録して切り替えれば、J-POPやTWICEなども聴けます。

無料USアカウントの作成

Fireからは直接作成ができないので、FreeVPNアプリで簡単にできることがわかったので以下の記事をご覧ください。
【Amazon】FireタブレットでBLACKPINKと「#TWICE」を聴くには?!

以下は参考にしてください。
今回は最も簡単にできるiOSデバイス(私はiPod touch)を使って登録します。なぜFireからできないか?と言うと、VPNアプリの「Tunnnel Bear」が使えないからです。Androidデバイスやデスクトップでもできますが、iOSデバイスより多少面倒なのでできればiOSデバイスをおススメします。以下の記事を参考にして行ってください。
Spotifyの無料US(米国)アカウントでも楽しむ3つのステップ

この記事の中に出てくる「Spotifyのブラウザー版」というのは以下のURLでブラウザーから使えます。
Spotify Webプレーヤー

複数タブで起動できて、複数のアカウントにも対応しています。ブックマークによる曲ジャンプもできるのでログインの手間を除けば使い方によると便利に使えます。

なぜFireタブレットでSpotifyなのか?

他のデバイス(iOSやAndroidのスマートフォンやタブレット)では無料のSpotifyアカウントだとシャッフルのみとなります。つまり、アーティストの検索まではできますが、シャッフルボタンで再生スタートすると曲順やアルバムはランダムに再生され、場合によっては他のアーティストの曲に変わることもあります。

ですから、私は他のデバイスではSpotifyの無料アカウントは使いません。私の場合はJPアカウントはプレミアム(有料)で、USアカウントは無料なので、AndroidスマホやiPod touchではJPアカウントで聴き、FireでのみUSアカウントで聴いています。

なぜかFireの場合のみタブレットでもシャッフル解除が可能です。以下の記事を参考にしてください。
【Spotify】Amazon Fire 8GB(4,980円)ではなぜか使い勝手が良い?!

理由はよくわかりませんが、Fireの場合、ブラウザーでブログを読む時にもデスクトップのような振舞いをします。例えば、このブログはデスクトップとモバイルで別の画面デザインを用意して切替えていますが、FireからYahoo!ブラウザーでアクセスするとデスクトップ版の画面表示になります。画面の幅が狭いのでサイドバーは下に回り込みますが、これはレスポンシブなだけです。

Spotifyのデスクトップ版はモバイル・アプリと違って無料アカウントでも曲の指定ができ、シャッフルを解除してアルバムを曲順に聴けるので、Fireの場合はおそらくデスクトップと勘違いして動いているのかもしれません。

無料USアカウントのルーチンワーク

USアカウントは日本では使えないのを誤魔化してUSユーザーとして使っているので、2週間に1回は最初に無料USアカウントを作った方法と同じようにして、VPNアプリ(Tunnnel Bear)を使って無料USアカウントでログインする必要があります。

これはSpotifyは2週間は海外への旅行や出張で使うのを認めているからですが、いったんVPNでログインしてしまえば、すぐにVPNを切っても2週間はOKです。

まとめ

Spotifyの特徴は、古いデバイスやパソコンでも使えることです。私の場合はiBook G4という13年前のMacのノートパソコンでも動いているほどです。一昔前のスマホ/タブレットやiPod touchなら動きますし、こういったデバイスを音楽パソコンや音楽サーバーとして使うのに都合が良いです。

Spotify Connectという機能を使うと、デスクトップとタブレットとスマホやiPod touchを自由に繋いで使えるようになるので便利です。興味があれば以下の記事を参考にしてください。
休眠中の古いAndroidスマートフォンで無料のSpotifyがシャッフル解除で聴けた?!

今回紹介した方法をいっぺんにやろうとすると面倒ですが、Spotifyで聴ける聴きたいアーティストが見つかれば、段階的に試みてみると応用範囲が広くて便利な使い方が見つかるかもしれません。

ではでは、きらやん

(Visited 78 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする