SCANDAL【RINA】仲間に寄り添いながら自分も成長することとは?!

SCANDAL RINA

最近、ブログの人気記事ランキングを変えて、24hoursと7daysをサイドトップに持ってきましたが、その両者のダントツトップに君臨している記事が「【SCANDAL】RINAの時代?!」です。RINAの今に迫ります。

音楽ナタリーの記事から引用

SCANDAL RINA

SCANDALの10年を振り返って

やりたいことをやりながら、気が付けば10年経っていたっていう感じです。1年に1枚のペースでアルバムを作ってきたんですけど、毎年ちゃんとその 1年のバンドのムードみたいなものをアルバムで表現してこれたなって、振り返ってみると思いますね。あと、最近は本当に普段着の音楽ができているなってい う実感があるんです。いい意味で気負わずに、ナチュラルな自分たちで音楽がやれていると思います。

バンドが大きく前進した転機

今回のアルバムや前作の「HELLO WORLD」を発表した、最近かなって思います。自分たちは同じダンススクールのメンバーでバンドを結成して、「バンドマンになるんだ」っていう思いをバ ンドを始めてから持ったんです。バンドとしてデビューしてるのに作曲をしてないって、どういうイメージを持たれるんだろうな?とか、まっすぐ音楽が届かな いんじゃないのかなっていう不安があったし。曲を作りたくてもレベルが追いつかないっていう葛藤があったんですけど、作家の皆さんやアレンジャーのサポー トを受けながらここまでやってきた。いろいろな音楽の作り方を見てくる中で「自分たちもやりたい」「やれる」と思うようになって、やっと「できた」と思え るところまで来れたんだと思います。

自分の成長につながった転機

海外でライブをやると、自分の機材をすべて持っていけるわけではないからドラムだけ会場ごとにセットが違う。その経験は自分の中ですごく大きいで す。どんなセットがあるのか行ってみないとわからないっていう状況を経験するようになって、自分の身1つあればいつでもどんな状況でも同じ音が鳴らせるド ラマーにならなきゃと思うようになりました。課題をクリアしていくには、まず「できる」としか思わないこと。あとは限られた時間の中でどれだけベストを追 求できるかだと思います。「いいドラマーになりたい」っていう思いは年々強くなっていますね。

メンバーの変化

HARUNAはいろんなことに挑戦するようになったなあと思いますね。自分の声を使って歌や言葉を届けるポジションにいるので、自分以外のメンバー の思いも背負ってる人。どういうふうに歌えばいいんだろう、伝えればいいんだろうって迷ってた時期もあったと思うんですけど、最近は歌声がすごくカラフル になった。以前は「苦手だ」って言っていたのに「ファルセットで歌う曲をやってみたい」って自分から言えたりだとか。ボーカリストとしてすごくたくましく なったと思います。MAMIはソングライティングを多くやってくれていてSCANDALのメロディメーカーだと思ってるんですけど、そこにちゃんと自信を 持てるようになった。「HELLO WORLD」のワールドツアーで、MAMIの作った「Departure」が断トツで人気だったんですよ。海外の人にこの曲が好まれて、そこで自信が付い たんだと思います。「自分の役割はこれだ」って、彼女が見付けたような感じがありました。TOMOMIは、音楽の興味の幅がどんどん広がってる。今回のア ルバムに、レゲエ調のリズムに挑戦した「LOVE」っていう曲があるんですけど、これはTOMOMIの作った曲。普段聴いてる音楽が変化しないと、こう いった新たな表現って出てこないと思うんです。

4人の中での私の役割

ファンとの距離を縮めることかなと思います。文章を書いたりSNSをたくさん更新したりっていうことが好きで得意だから、なるべく思ってることを 日々文字にして、みんなに届けることを心がけています。あとはHARUNAが「こういうことが言いたいんだけど言葉を見つけられない」ってなっちゃったと きに、助けられる人でありたい。テレビに出るときなんかはHARUNAの隣に私がいることを必須にしていて、困ったらRINAに振れば大丈夫って思っても らえるようにしてる。HARUNAの安心材料でありたいっていう気持ちはすごくあります。なんと言うか、プレイ以外のことでメンバーの心配事がないように しておきたいっていう思いがありますね。

RINA(Dr, Vo)

「YELLOW」制作にあたって意識したこと

幸せな1枚を作りたい、幸福感のあるアルバムにしたいっていう気持ちが大きなイメージとしてありました。2015年の春頃にアルバム制作に向けて動 き始めたんですけど、そのときみんなの中にそういった意識があったんですね。だから、全曲に幸せなムードが染み込んでいるなって思う。自分たちのサニーサ イドをちゃんと形にしたいって思いながら作ったアルバムです。

お気に入りの曲

「ヘブンな気分」かな。全体を通してポップなアルバムとはいえ、カッコいい曲もやりたかったので「わかりやすくクールな1曲を作ろう」と思って、自 分たちなりのグランジロックっていうものをテーマに書きました。この曲はイスタンブールで感じた空気に影響を受けて完成したんです。ワールドツアーのあと にトルコのイスタンブールの音楽祭に出演させてもらったんですけど、イスタンブールって川を挟んでアジアサイドとヨーロッパサイドに分かれてて、1つの地 域に両方の文化が根付いているんです。ライフスタイルも宗教も、いろんなものが混ざり合っていて、音楽も伝統的な民族音楽がまだ生きていたり。すごい不思 議な空間で数日間過ごすことができたんです。で、滞在中、NirvanaとかMudhoneyを聴いていたんですよ。そういったムードもひっくるめて、自 分の中のお気に入りを曲に閉じ込めることができた気がしていてお気に入りですね。

「YELLOW」の聴きどころ

気軽に楽に聴いてもらえたらなって思います。1曲1曲にしっかり私たちの心は入っているんですけど、アルバムを通して聴いたときに少し心が軽くなるとか、明日からまたがんばれそうだなっていう気分になってもらえたらうれしい。それだけでもう満足です。

SCANDALにとっての「YELLOW」

一生大事に思えるアルバムだと思います。「アルバムの全曲を自分たちで作れるようになりたい」っていう思いは、公言してはいなかったけど4人の中に ずっとある目標だった。もし、この作品を聴いて音楽を好きになってくれるが人いたら、もっと自分たちの音楽に自信を持てると思うし……本当に、バンドの運 命が左右されるくらいの1枚だと思っています。でも、楽しくいろんな人に広がっていけばいいな。

SCANDALのこれから

ワールドツアーを回ったとき、いろんな国の人が私たちを受け入れてくれた感覚があったけど、「まだまだ振り向かせられる」って感覚もあったんです。 イギリスでライブをしたときは、周りが盛り上がってる中、バーカウンターでお酒を飲んで会場を出て行く人もいた。数年前はこれをプラスに考えられなかった なって思うんですけど「あ、面白いな」って思えたんです。そのときに、10年目にしてまだこういった感覚を味わえる喜びを感じました。だから、これからも また長い時間をかけて、いろんな人にSCANDALのことを好きになってもらいたい。急いでいろんな夢に手を伸ばすのではなくて、ずっと続いていけるバン ドを目指したい。今、ギネスブックに載っているガールズバンドの最長の活動年数って、ZELDAの17年なんです。まずはそこを目指してやっていきたいな と思います。

RINA(Dr, Vo)

YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

RINAはひどい機械音痴で、スマートフォンも使えないらしくて、スケジュールは仲間から言われて初めて把握するような人らしいです。以下の動画の7分後に出てくるので、飛ばして観てください。
Scandal @ melodix interview english subbed

ところが、今回紹介しているインタビュー記事を読むと、たしかに基本的には文系の感じがしますが、仲間の観察だとか、自分の立ち位置の考察だとか、けっこう技術者に向いていそうな香りがしてきました。

親父さんが技術者なのかもしれませんが、おそらくその影響は受けているように感じます。

サラリーマン時代に開発グループのリーダーをやっていた頃に、メンバーからこんなことを言われたことがあります。
「何もしなくてもいいから、そこに座っていてください」

ショックでしたが、それは私が若かったからです。今なら誇らしげに思えます。なぜなら、存在自体に価値があると思われているからです。しかし、若い頃はそんなことは思えないので、自分にはリーダーの価値が無いのだと思ってしまいます。

RINAはそんな「存在自体に価値があるとメンバーから思われたい」ような気がします。人に寄り添い見守るというのは、ものすごくメンバーの成長にとっては大切なことですが、若い頃にはなかなかその価値や意味が見えません。

自分の成長と同時にメンバーの成長も考える。そのことがお互い補完しあって足し算から掛け算の成果を出すことに繋がってゆきます。RINAの曲「おやすみ」です。
SCANDAL 「おやすみ」 @PERFECT WORLD LIVE

昨年の8月に書いた記事で「RINAの時代」を予言して7ヶ月が経ちましたが、意外にもランキングという形で実現しました。もっともその時に「MAMIの時代」という記事を書いていたらどうなっていたかはわかりませんが・・・?

【SCANDAL】RINAの時代?!

ではでは、きらやん

(Visited 254 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする