【柴咲コウ】全国ツアーファイナルは“竹取物語”が裏テーマ?!

柴咲コウ

柴咲コウが全国ツアー『Live Tour 2015「こううたう」』9都市10公演のツアーファイナルを10月17日東京国際フォーラムホールAで行った。“和”というテーマが構想段階からの一貫したコンセプトになっていた。“裏テーマ”は『竹取物語』。

M-ON! Pressの記事から引用

柴咲コウが、2年ぶりとなる全国ツアー『Live Tour 2015「こううたう」』9都市10公演のツアーファイナルを10月17日東京国際フォーラムホールAで行った。

今年6月にリリースした初のカバーアルバム『こううたう』をタイトルに掲げ、新旧ヒット曲を交えコンセプチュアルなステージを披露してきた今回のツアー。 これまで以上に柴咲本人の意向が色濃く反映されており、“和”というテーマが構想段階からの一貫したコンセプトになっていた。さらに、“裏テーマ”を『竹 取物語』として、オープニングの映像演出や衣装、本編中にも登場する“月”や、本編ラストシーンでステージ背景全てに映し出される映像で月の使者“かぐや 姫”を彷彿とさせる演出も。このツアー前に、「お客さんに合わせようとして頑張るよりは、“今の自分”をきちっと表現できるようになればいいなと思って」 とツアーパンフレットのインタビューで語ったように、非常に創りこまれたコンセプチュアルなステージを披露した。

本編は短い挨拶程度でほぼノンストップ。オープニングは、銀髪のロングヘアに和装で登場し、自身の大ヒット曲「月のしずく」からスタート。大きく4つの シーンに分かれ、シーンごとに衣装も本編だけで5回チェンジするなど、ほぼMCなしの音楽ショウで魅了。シーン1は、オープニングの和装からステージ上で の早変わりでノースリーブの和風ドレスへ、そしてシーン2は今年6月にリリースした自身初のカバーアルバム『こううたう』から、中山美穂の大ヒット曲「た だ泣きたくなるの」、福山雅治とのコラボレーションユニット・KOH+の「最愛」から福山雅治のカバー「桜坂」へつながるメドレー。シーン3は、黒レザー のショートパンツで登場し、2人のダンサーを従えてJUNO REACTORとのコラボ曲「Intoxicated」からスタート。アッパーなクラブサウンドとレーザーで客席を煽る。「ANOTHER:WORLD」 から「無形スピリット」まで4曲のノンストップミックスでステージ左右へ歌い、動く。それぞれの場面転換のインタールード(幕間)では、ダンサーが前衛的 なダンスを見せ、次のシーンへつないでいく。本編最後のシーン4では、ガラッと雰囲気を変え、和柄の生地を藍色で染めたワンピースで登場し、2004年の TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌として大ヒットした「かたちあるもの」、「EUPHORIA」そして、昨年のシングル「蒼い星」を披 露。本編最後「フィロソフィア」は、オープニングで登場した銀髪ロングヘアに和装の柴咲コウがスクリーンに登場し、ステージ上の柴咲本人と歌でシンクロ。 ラストシーンでは月の使者が使命を終え月へ戻っていくかのような演出で幕を閉じた。

アンコールのMCでは、「11月25日にニューシングル『野性の同盟』をリリースします!椎名林檎さんにプロデュースしていただきました。ドラマ『○○ 妻』の時に、私が主演で、主題歌を林檎さんに歌っていただいたんですけど、その時に対談をさせていただいて、『いつか一緒にセッションできたらいいね』と 話して。まさかそれがこんなに早く実現するとは本当に嬉しい限りです。そして、本日はリリースに先駆けまして皆さんにその曲を初披露したいと思います!」 と、新曲「野性の同盟」について話し、バンドに加え6人のストリングを加えて初披露した。

ラストは、スタッフや観客へ感謝を伝え、「最後は私からのメッセージソングです」と、カバーアルバム『こううたう』にも収録されたKiroroの「未来へ」で、9都市10公演のツアーを締めくくった。

[ad]

Ko Shibasaki Live Tour 2013 ~neko’s live 猫幸 音楽会~ Neko’s Special Book & Blu-ray

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

人気が高まっている「和テイスト」をうまくライブに取り入れているようです。もともと柴咲コウはこの曲のように和テイストな曲が多いですけどね。
☆柴咲コウ ♪月のしずく [+歌詞 Live]【HD】

【AOA】日本1st『Ace of Angels』がオリコンアルバム1位を獲得!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 35 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする