【少女時代】ファニーなティファニー?!

少女時代ティファニー

このブログのタイトルを最近「音ものファニー」に変えました。ファニーはティファニーから取ったものと解釈するのが一般的かと思いますが、少女時代にとっては「ファニー」は特別な意味があるように思われます。

SNSD Funny Moments

ティファニーは英語で書くと「Tiffany」です。一方でファニーは「Funny」なので単純にティファニーから取ったわけではない事がわかります。少女時代のFunnyは以下の動画で理解できます。


特にティファニーに限ったことではなくメンバー全員がファニーな要素を持っています。

KARAのギュリやスンヨンはあまりファニーなところを見た事がないので、少女時代はルックスとは逆にキャラ的にはファニーなところがあるように思えます。
[ad]

なぜタイトルにファニーと付けたのか?

ブログのテーマをPerfumeから、よりアクセス数が多い少女時代にシフトした関係で、「音ものっち」というタイトルとPerfumeのヘッダー画像を、少女時代に合わせたものに変える必要があったからです。
Perfume少女時代という名前は日本向けのものですが、韓国向けはソニョシデやソシ、海外向けはGirls’ Generation、SNSDと複数の呼び名で呼ばれています。KARAはひとつなので対照的です。

ちなみにティファニーは日本での呼び名ですが、母国のアメリカではffなのでティッファニー、韓国ではファという発音が無いのでティパニです。
ティファニーさらに本名はアメリカ名がステファニーで韓国名がミヨン、ニックネームはパニ。芸名をティファニーにしたのは母親が付けたかった名前がティファニーだったからです。

新しいブログのタイトル名は最初は「ソシラ」とか考えました。ソシとKARAを引っ付けて音階で表そうとしたからです。そんなこんなでいろいろと考えた結果、ファニーになりました。
少女時代Taeny

ティファニーが一番好き

日本ではテヨンが一番人気のようですが、私はテヨンよりティファニーが好きです。陽と陰の両面を持っているからかもしれません。以下の動画が参考になると思います。ちなみに誕生日が8月1日で私と一緒です。

ただし、普段はまったく素振りを見せませんね。あくまで笑顔が明るいムードメーカーだと思います。

ティファニーが出演する私が好きな動画

以前にも紹介しているのでシツコイかもしれませんが・・・


こちらもそうです。バイクをピンクに塗っているのがティファニーです。出番は少ないですが・・・

この曲は映像は明るいイメージですが、歌詞をよく読むと意外とメッセージ性が強いです。アイドルがよく歌う甘い歌詞ではないし、悲しい歌詞でもないです。これがアイドルグループのデビュー曲とは意外です。

まとめ

ティファニーの紹介としては不十分な内容でしたが、ティファニーの動画は山のようにあるので、興味があればYoutubeで探してみてください。

中学生の時に母親を亡くし、父親の猛烈な反対を泣いて説得して単身で韓国に渡って練習生として事務所に入り、韓国流の厳しい芸能世界に身を置いて頑張った結果が今のティファニーです。生き方そのものがアーティストですね。

以下の記事のアクセス数が200を越えたら個人別の記事をシリーズ化するつもりでしたが、300を越えたので、そういう意味でも今回の記事を書きました。↓↓↓

【KARA】スンヨンの時代?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 481 times, 2 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

コメント

  1. I think what you composed made a great deal of sense. But,
    think about this, suppose you added a little information? I mean, I don’t
    want to tell you how to run your website, however what if you added
    a title to possibly grab people’s attention? I mean 【少女時代】ファニーなティファニー?! | 音ものファニー
    is a little vanilla. You might glance at Yahoo’s front page and watch how they create post headlines to grab viewers interested.
    You might add a related video or a related picture or two to get readers interested about what you’ve written.
    In my opinion, it could make your blog a little bit more interesting.