【T-SQUARE】”音楽の宝”を追い求める冒険者たち?!

T-SQUARE

結成40年を迎えるT-SQUAREが通算42作目となるアルバム「TREASURE HUNTER」をリリース。今作はEDMの要素を取り入れるなど、バンドのイメージをいい意味で覆すアグレッシブかつカラフルな作品となっています。

音楽ナタリーの記事から引用

結成40年を迎えるT-SQUAREが通算42作目となるアルバム「TREASURE HUNTER」をリリースする。今作はEDMの要素を取り入れるなど、バンドのイメージをいい意味で覆すアグレッシブかつカラフルな作品となっている。音 楽ナタリーでは、アルバムの発売を記念してメンバーへのインタビューを実施。過去にこだわらず、未来へとつながる“音楽の宝”を探し求め続ける彼らの新作 について話を聞いた。

取材・文 / 松永尚久 撮影 / 入江達也

ワクワクする音を生み出すのがバンドの根幹

──T-SQUAREは今年でバンド結成40周年だそうですね。

T-SQUARE

安藤正容(G) そうなんだっけ? やっている側としては、39年だろうが、40年だろうが、あんまり変わらないんですよね(笑)。ただ、現在の体制での活動期間がもっとも長くなりました。僕はその中でほかのメンバーにいじめられているんですけどね、ちゃんと弾けよと(笑)。

伊東たけし(Sax, EWI, Flute) 僕も同じ(笑)。

──(笑)。そしてこのたび、通算42作目となるオリジナルアルバム「TREASURE HUNTER」が完成しました。まずは今作がどんな内容になっているか聞かせてください。

坂東慧(Dr) “少年の冒険”というテーマを事前に設定しまして、それをイメージしながら制作していったら、音楽的にも冒険ができた1枚になったのかなと思います。

──なぜ“少年の冒険”がテーマになったのですか?

安藤正容(G)

安藤 我々をデビュー当時からマネージャーやプロデューサーとしてサポートしてくれて いて、T-SQUAREの隠れたメンバーとも言われている青木幹夫という人物がいるんです。「ADVENTURES」(1984年発表)や「R・E・S・ O・R・T」(1985年発表)といったアルバムのコンセプトも彼が考えていて、今作でもテーマを提示してくれたんです。聴いた人がワクワクするような音 を作ることが、結成以来我々の根幹にありまして、今回もそれを出していきましょうという内容で話し合った結果、このテーマに結びついていったんだと思いま す。

伊東 前作「PARADISE」でもあったことなんですけど、青木はバンドの様子を見な がらテーマを決めていくんですよ。時代の空気を読み取りながら「こういうことをやったら面白いんじゃないか」って考えていて。今作ではメンバー全員で明快 なビジョンを提示して音を作ることがよりうまくなったような気がしますね。

──「TREASURE HUNTER」というタイトルありきで、曲を制作されたんですか?

坂東 いや、1曲目の「Treasure Hunter」を作っているときに、これをそのままアルバムタイトルにしていいんじゃないかってことになって決まったんでタイトルは後付けですね。

──河野さんは、どんな思いを持って本作を制作なさったんですか?

河野啓三(Key) 前作「PARADISE」は、夏 をイメージしたアルバムだったので、そういうタイプの楽曲を作りました。今回の「TREASURE HUNTER」の“冒険”というテーマについては「何か新しいことに挑戦する」といった具体的なイメージも湧きましたけど、抽象的だと思う部分もあったの で、より幅の広い音を使いましたね。その結果、とてもカラフルな内容になっていると思います。また常に冒険を続けながら音楽を制作するのがT- SQUAREの魅力だと思っていますので、このアルバムではよりT-SQUAREらしさが出せたと思います。

──今作を制作するにあたって、新鮮さを感じたことはありましたか?

伊東たけし(Sax, EWI, Flute)

伊東 僕にとっては特に2曲目の「Chops!!」が新しかったな。この曲で初めて“チョップス”という言葉を知ったから(笑)。

──チョップスですか?

伊東 ゴスペルチョップスの略で、坂東曰く、ゴスペル音楽のドラムが発祥で、曲の途中に ポーンと展開を入れるとか、よくあるフィルインとは異なる複雑なフレーズが多いドラムの奏法なんですよ。「Chops!!」は自分にとっては非常に画期的 で一生の宝になるような曲に巡り会えた気分になったな。

──この楽曲は、イントロからスリリングな感じがしますよね。

伊東 試しに演奏してみます? 訳がわからないから(笑)。メロディはシンプルなんだけど、その分どう展開させるかが難しかったんですよ。でも完成した楽曲は圧巻ですよ。ソングライティングを手がけた坂東は、いい仕事したなって思いました。

TREASURE HUNTER(SACD HYBRID)(DVD付) CD+DVD

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

ダイジェスト動画です。
T-SQUARE「 TREASURE HUNTER 」トレイラー

CDメディアが珍しくスーパーオーディオ(SA)対応です。SACDが再生できるCDプレーヤーを持っている人はかなり少ないとは思うのですが、ハイブリッドなので通常のCDプレーヤーでも聴けるのは嬉しいですね。

アナログレコードの見直しで人気が世界的に高まってきたので、ポップスでも新曲のアナログ盤がPerfumeなどから出て来るようになりましたが、SACDの事はさすがに忘れていました。なるほど、そういう手があったか!アナログ盤が出るまで待つ必要が無くなります。

ストリーミングではSpotifyにすでにアップされているので高音質でアルバム全曲を聴く事ができます。さらに、昨年末のライブアルバムも聴けます。
T-SQUARE Spotify

Spotifyでもかなり音が良く感じます。そうすると余計にSACDが聴きたくなりました。一般のポップスには音の良さは求めないですが、インストの場合はやはり音が命なので、良い音を求めたくなります。このアルバムは一味違いますね。

【T-SQUARE】ニューアルバム「PARADICE」リリース!

ではでは、きらやん

(Visited 80 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする