今週のアルバム:YMO「Solid State Survivor」~ Perfumeとのバーチャル競演 ~

YMO

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が1979年にリリースした2ndアルバムですが、オリコン1位を獲得しミリオン・ヒットとなりました。今回はPerfumeとバーチャル競演をしているYouTube動画で有名な曲を紹介します。

先ずはYMOオリジナルのライブ映像から

YMO – Rydeen (Budokan 1980)

海外で先に注目され、人気が逆輸入されて日本でもヒットした典型例です。BABYMETALやピコ太郎などと同じですね。

Perfumeとバーチャル競演しているYouTube映像

Technopolis YMO / Dance Perfume  YMO テクノポリス / パフューム

さすがにテクノ同士、相性は抜群です。

Perfume × YMO 「不自然なガール × Rydeen」 daichi plays AKAI EWI4000s

曲もいっしょに合成するのはけっこう無理がありそうですが、ここまでできるんですね~・・・

CUE YMO / Dance Perfume   キュー YMO / パフューム

今聴いても古臭さを感じないですね。さすがです。

PerfumeとYMOがCosmic Surfinで妄想共演 Ver.2

まさかの「Edge」ですが・・・

Spotifyによるアルバム「Solid State Survivor」

以下を聴くにはSpotifyのインストールが必要です。デスクトップは右上のロゴをクリック。モバイルは通常の方法でアプリをインストールしてください。無料でも聴けますが、モバイルの場合はシャッフルのみとなります。

まとめ

この3人は当時は仲が悪かったような印象を受けましたが、特に坂本と細野は仲が悪かったと聞いていました。それを高橋が仲介していたようですが、私は本当は仲が良かったのではないか?と考えています。

私がサラリーマン時代に一番仲が良かった同僚と会議に出ると、周りの人から「二人は仲が悪いなあ」と言われていました。唯一の例外は上司の部長で「いや、仲がいいんじゃないの?」とニヤッとしていましたが、どうも私たち二人は周りからはいつも口論しているように映っていたようです。

実は口論ではなく議論をしていたわけですが、相手と反対の立場に立って議論するというのが二人の間での暗黙の了解だったので、それを傍から見ると喧嘩しているように映ったのかもしれません。さらに、仲が悪いと言われても二人ともそれを否定しなかったわけですが、そもそも周りの人が考える「仲の良さ」と二人の関係は別物でした。

好きでも嫌いでもないのが最悪であり、どうせ好かれないのなら、嫌われた方がまだマシだということです。少なくとも関心を持ってくれていて、評価してくれた結果としての「嫌い」なわけですから・・・

ではでは、きらやん

(Visited 23 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする