【ユーミン】涙の理由は?「SONGSスペシャル 松任谷由実」19日にOA!?

ユーミン

今回の「SONGSスペシャル」では今年、デビュー43年を迎えたシンガーソングライター、松任谷由実を特集する。11月に公開された映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」の日本語吹替版主題歌の作曲を依頼されたユーミンだが・・・

M-ON! Pressの記事から引用

今回の「SONGSスペシャル」では今年、デビュー43年を迎えたシンガーソングライター、松任谷由実を特集する。

11月に公開された映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」の日本語吹替版主題歌の作曲を依頼されたユーミン。曲作りのヒントを探し求めて「星の王子さま」の作者、サン=テグジュペリの故郷、フランス・リヨンを訪れた。

1943年に出版されて以来、270以上の言語・方言に訳され、1億4,500万部以上を売
り上げてきたサン=テグジュペリ不朽の名作「星の王子さま」。中学生のころにこの作品を初めて読んだというユーミンは、“大切なものは目に見えない…”と いう、子供向けの作品でありながらも人間の根源的なテーマを描いた「星の王子さま」の世界に深い感銘を受けたという。そしてユーミンは「やさしさに包まれ たなら」や「ひこうき雲」など、自身の原点・荒井由実時代に作曲した作品へ思いをはせた。

荒井由実時代に作曲した名曲「瞳を閉じて」(1974年のアルバム『MISSLIM』に収録)。この曲はそもそも41年前、長崎・奈留島に暮らすある少女がラジオ番組に「私の学校の校歌を作ってください」という依頼を受けて作ったものだった。

少女が通っていた長崎県立奈留高校は今年創立50周年を迎え、ユーミンは27 年ぶりに奈留島を訪れる。「瞳を閉じて」は今でも奈留島の愛唱歌として歌われ、子供たちはこの曲をとても大切に歌い継いでいる。自ら作った歌が、40年以 上に渡って島の人にずっと愛され続けている事実を目の当りしたユーミンは、思わず感動の涙が溢れてしまう。

フランス・リヨンそして長崎・奈留島、2 つの心の旅を通じて、ユーミンの知られざる創作の原点に迫る。


番組情報

NHK総合「SONGSスペシャル 松任谷由実」
12/19(土) 22:00~22:50
曲目:「やさしさに包まれたなら」/「瞳を閉じて」(奈留島の子供たちと共演)/「気づかず過ぎた初恋」(映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」日本語吹替版主題歌)


リリース情報

2015.11.25 ON SALE
ALBUM『日本の恋と、ユーミンと。-GOLD DISC Edition-』


松任谷由実 OFFICIAL WEBSITE

「SONGS」番組サイト


151201-YM-214800001 151201-YM-214800002 151201-YM-214800003 151201-YM-214800004

[ad]

松任谷由実 40周年記念ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」-GOLD DISC Edition-(期間限定盤) Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

私が初めてユーミンを知ったのは、学生の頃です。なにげに新しく始まったドラマを観ていると、主題歌が流れてきたのですが、一瞬で釘付けになりました。金縛りというのでしょうか?

ユーミンは私と同い年なので、彼女が歌う青春の日々は私の青春の日々と同期しています。ドラマの主題歌は「あの日に帰りたい」です。当時はフォークソング全盛時代で、この歌はあまりにも画期的でした。ニューミュージックそしてJ-POPの道を切り開いた曲です。
荒井由実 Yumi Arai あの日にかえりたい
新しい道を切り開いてくれた人たちは、得てして無欲です。ユーミンも例外ではなく、CDで稼いだお金はすべて「ファンのために」コンサートにつぎ込む。コンサートで得たお金は恵まれない人のために寄付したり遣う。それじゃあ手元に残らない・・・

ユーミンというと、有名な曲のひとつに「卒業写真」があります。これはユーミンの曲として知られていますが、実はハイファイセットのデビュー曲です。ユーミンが当時は無名?だったハイファイセットのために作りプレゼントしたものです。
荒井由実 + ハイファイセット – 卒業写真


こんな良い曲をプレゼントするとは太っ腹ですが、ユーミンにとってはハイファイセットの歌唱力とハーモニーでこの曲を歌ってもらうことこそ嬉しかったのではないでしょうか?

こうして、ハイファイセットはユーミンの曲でヒット曲を連発しました。こういうのを本来のコラボというのでしょう。お互いが補い合って優れた作品を作る。人は一人では生きられない生物です。協力し合い、補い合ってこそ人間的な活動が生まれるのだと思います。
山本潤子/スカイレストラン


この曲は、「あの日に帰りたい」で最初にユーミンが作った曲でしたが、ドラマ側から「ドラマの趣旨にそぐわない」という理由で却下された曲です。

当時としてはあまりにも洗練され過ぎていて日の目を見なかった曲ですが、ハイファイセットにプレゼントすることで、音楽ファンの支持を得て、日本の代表的なスタンダードナンバーとして山本潤子が歌い継いでいました。

ユーミンのことを書き始めると止まらなくなるので、このあたりで止めますが、機会があれば、また書こうと思います。

【知英】日本での人気を実感…韓国で近況を明かす?!

ではでは、きらやん
[ad]

(Visited 108 times, 1 visits today)
関連コンテンツ

シェアする

フォローする